制服まとめ
飯田市消防団が応急手当普及員資格取得の講習 飯田職安がふるさと企業説明会開く
泰阜村で冬の山賊キャンプ開催 飯伊7市町村長
高森町 うるのすけも参加
松川町で「寺子屋」開講 飯田市内17会場で一斉に成人式開く
SOプログラムの小学生フロアホッケー交流会 島岡さんが3部門で入賞 創造館で第63回写真県展
実践の成果と課題報告
飯田市消防団が応急手当普及員資格取得の講習

 飯田市消防団は、救急指導の充実、拡充をを目指し、応急手当普及員資格取得のための養成講習を21日からの3日間にわたり飯田広域消防本部で開いた。応急手当の基礎知識を既に習得した団員ら男女12人が参加して、消防団の救護活動レベル向上を目指した。

 応急手当普及員は、事業所の従業員や防災組織などの構成員に対して行う普通救命講習の指導に従事する。資格を取得することで団員から団員への講習が可能となり、市民から救急救命士までの間を担う重要な役割を果たすとして期待が寄せられている。

 同消防本部では初の試みで、講師は本部職員が講師を務めた。3日間、計1660分のカリキュラムが組まれ、基礎医学知識から応急手当の実技、資器材の取り扱い、指導技法、心配蘇生法などの応急手当について、指導者としての資質を身に付けた。

 来年2月の消防団員が受講する上級救命講習では、今回普及員の資格を取得した消防団員が消防職員とともに指導にあたる予定だ。

 飯田消防署救急第二係長の田中秀敏消防司令補によると、普及員の資格取得は2006年から小中学校の教諭を中心に進められ、今回を機に団員らにも拡大させていきたい考え。「災害時を考えたとき、地域の住民が応急手当に従事できるような、自分たちの地域は自分たちで守る担い手を養成していくきっかけになれば」と話した。

  
ものづくりの魅力に触れる 南箕輪でフェア 下諏訪南小5年2組 ふるさとCM大賞優秀賞
鼎のコンビニで強盗事件 男が現金数万円奪い逃走 茅野市制60周年 タイムカプセル収蔵式
よこね田んぼで地元小中学生が田植え 上郷小3年生がリンゴ栽培体験
小中連携・一貫教育 竜峡中学校区で体験入学 千代小学校でアサギマダラ学習会
子どもガイドがおもてなし 麻績の里桜まつり 飯田市座光寺 戦後73年・伝える記憶4 「語り継ぐ原動力に」 飯田日中友好協会泰阜の木下さん
平和への誓い新た 高森町で平和祈念式 初の快挙に胸張る 喬木少年野球クラブが県大会出場報告
山本小太陽光発電が再エネ活用事業認定 参院選比例代表の宮島喜文さんに聞く
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧