制服まとめ
飯田職安がふるさと企業説明会開く 泰阜村で冬の山賊キャンプ開催
飯伊7市町村長 高森町
うるのすけも参加 松川町で「寺子屋」開講
飯田市内17会場で一斉に成人式開く SOプログラムの小学生フロアホッケー交流会
島岡さんが3部門で入賞 創造館で第63回写真県展
実践の成果と課題報告 KIDS自然エネルギー活用コンテスト
飯田職安がふるさと企業説明会開く

 2015年春の採用に向けた会社説明会の解禁を受け、飯田職業安定協会(会長・柴田忠昭飯田商工会議所会頭)は24日、飯田市育良町のシルクプラザで「南信州・飯田ふるさと企業説明会」を開いた。2015年3月と2014年3月卒業予定の大学生、短大生、専門学校生、3年以内の既卒者が対象。地元企業38社が面談のテーブルを並べ、学生たちに事業内容や採用計画などを個別に説明した。

 就職活動の本格化を前に、企業、学生の双方に備えてもらおうと同協会が7年前から開いている。

 これまでは2月に開いてきたが、戦線の早期化を受け、ことしは来年2月に加え、初めて「12月開催」も企画。長引く経済低迷を踏まえ、昨年に続いて3年以内の既卒者まで対象にした。

 会場ではリクルートスーツに身を包んだ学生たちが、続々と受け付けを行った。受け取った案内書を参考にしながら、各企業のテーブルに赴いて順に担当者らと面談した。

 ふるさとの企業の実態を知ることができる貴重な機会とあって、県外の大学に通う地元出身者の姿もあった。

 愛知県の大学に通っているという男性(21)は「景気の回復が叫ばれてるが、厳しさは変わらない。地元就職も念頭に、企業の状況をしっかり把握したい」と話した。

 同協会事務局は「地元企業にとってはUターン者を含めて優秀な人材を獲得する好機」と強調。「大勢の学生にふるさとに戻り、地元の産業振興、経済発展に貢献してほしい」としていた。

 来年2月7日にも開催する予定だ。

  
春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作 豊丘村の慈恵園で通学合宿
下久堅小4年明組が人形劇上演 竜東デイサービスセンターで 環境や健康に関心 諏訪市でエコフェスタ
泰阜中学校が短歌の学習 ふるさと就職ガイダンスを開催
黒田人形浄瑠璃の奉納公演 千栄小の給食に「まぼろし丼」 千代幻豚と千代ネギ使う
松川町でハーフマラソン 1500人が健脚を競う 町制施行60周年を記念 省エネを分かりやすく 松川町中央小で出前エコ教室
阿智中で元全日本選手がバレー部指導 泰阜村で高原ロードレース大会
2018年9月23日付 飯田ファイヤーズが初出場で全国一 知的障害者バスケ
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧