制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
飯田職安がふるさと企業説明会開く

 2015年春の採用に向けた会社説明会の解禁を受け、飯田職業安定協会(会長・柴田忠昭飯田商工会議所会頭)は24日、飯田市育良町のシルクプラザで「南信州・飯田ふるさと企業説明会」を開いた。2015年3月と2014年3月卒業予定の大学生、短大生、専門学校生、3年以内の既卒者が対象。地元企業38社が面談のテーブルを並べ、学生たちに事業内容や採用計画などを個別に説明した。

 就職活動の本格化を前に、企業、学生の双方に備えてもらおうと同協会が7年前から開いている。

 これまでは2月に開いてきたが、戦線の早期化を受け、ことしは来年2月に加え、初めて「12月開催」も企画。長引く経済低迷を踏まえ、昨年に続いて3年以内の既卒者まで対象にした。

 会場ではリクルートスーツに身を包んだ学生たちが、続々と受け付けを行った。受け取った案内書を参考にしながら、各企業のテーブルに赴いて順に担当者らと面談した。

 ふるさとの企業の実態を知ることができる貴重な機会とあって、県外の大学に通う地元出身者の姿もあった。

 愛知県の大学に通っているという男性(21)は「景気の回復が叫ばれてるが、厳しさは変わらない。地元就職も念頭に、企業の状況をしっかり把握したい」と話した。

 同協会事務局は「地元企業にとってはUターン者を含めて優秀な人材を獲得する好機」と強調。「大勢の学生にふるさとに戻り、地元の産業振興、経済発展に貢献してほしい」としていた。

 来年2月7日にも開催する予定だ。

五個荘と近江商人 児童たちの学習成果展示 松川東小 4年生が手作り臼で餅つき
1年の奮闘報告 地域おこし協力隊 東近江市合併10年に思う
高浜原発「3・4号機の再稼働反対表明を」 高森町 2万羽に願い込め中学生らが折り鶴つなぐ
愛東中ブラバンや若鮎太鼓など 百済寺さつきコンサート オケ友 小学生向け企画「音楽ひろば」開催
特定非営利活動法人「滋賀いのちの電話」 駅周辺犯罪多発で街頭啓発 自転車盗や車上狙い
25年度県職員採用試験 合併、統合などに意見、阿智中で「村長さんと語る会」
窃盗容疑で小学校教諭の女逮捕 置き忘れ財布から現金抜く : 京都新聞 OIDE長姫高で2級施工管理検定講座
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧