制服まとめ
小学校管楽器交歓演奏会開く 浪合小学校で終業式開く
「1年間の整理を」 つぶほまれ研究会 学校給食に地元産大豆提供
全日本高等学校書道コンクール展 日本一の学校桜キャンドルナイト
平谷小学校で宇宙メダカの贈呈式 天龍中学校が梅花PJを始動
阿智高1年生がツツジ植樹~花に囲まれた学校を~ 市内3小学校で運動会開く
「元気な姿で再会を」飯伊の小中学校で終業式 松川北小がコイのつかみ取り 学校田に放流
小学校管楽器交歓演奏会開く

 飯田下伊那地域の小学生バンドが一堂に会する「第35回飯伊小学校管楽器交歓演奏会」(飯伊小学校管楽器研究会主催)が21日、飯田市高羽町の飯田文化会館で開かれた。15校が出演し、日頃の練習の成果を発表した。

 1978(昭和53)年から続く恒例の演奏会。同研究会が主催し、飯田市教育委員会、飯伊吹奏楽連絡会、飯田ライオンズクラブ、県小学校吹奏楽連盟が後援している。

 始めに、同研究会の荻原敏行会長があいさつに立ち「皆これまで一生懸命練習してきた。うまく演奏できるか心配に思っている人もいるかもしれないが、皆でハーモニーを喜び合って。自分の思いを形にして、いい演奏会にして」と呼び掛けた。

 プログラムにはクラシックや民謡、ポップス、ドラマ主題歌、映画音楽など、親しみのある楽曲が取り上げられ、各校1―3曲を演奏。子どもたちは、活動の成果を披露しようと心を合わせて曲を奏でた。

 そろいのコスチュームで舞台に立ったり、曲にまつわるパフォーマンスで観客を楽しませる場面も。各チームの発表後には、演奏をたたえて会場から大きな拍手が送られていた。

 演奏会後には招待演奏として、竜峡中と緑ケ丘中の吹奏楽部が出演。また全国各地で演奏指導を行っているYAMAHA講師の角田昌直さんが、子どもたちの発表の講評を行った。

  
加計文書「ない」一転存在 愛媛県、官邸面会文書か : 京都新聞 自在に彩るマッチ箱アート 京都、1500点を展示 : 京都新聞
小学生が英語スピーチ 初のコンテスト
津波被災再建へ、小中一貫で開校 宮城・閖上「地域と歩む」 : 京都新聞 教育民泊受け入れで台湾訪問 京都・美山観光協 : 京都新聞
中川村発足60周年祝う 記念式典
いじめ予防、弁護士と 小学5年生に「教室」 柳瀬氏と面会「強まった」 内閣府幹部、加計メールで : 京都新聞
ザリガニ新品種を 東海大諏訪高生の水野さん 清内路の焼酎学校で「熟女あかね」解禁
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧