制服まとめ
浪合小学校で終業式開く 「1年間の整理を」
つぶほまれ研究会 学校給食に地元産大豆提供 全日本高等学校書道コンクール展
日本一の学校桜キャンドルナイト 平谷小学校で宇宙メダカの贈呈式
天龍中学校が梅花PJを始動 阿智高1年生がツツジ植樹~花に囲まれた学校を~
市内3小学校で運動会開く 「元気な姿で再会を」飯伊の小中学校で終業式
松川北小がコイのつかみ取り 学校田に放流 竜峡中学校で統合50周年記念式典
浪合小学校で終業式開く

 飯田下伊那各地の小中学校で、2学期の終業式が行われている。運動会や遠足、文化祭など、行事が盛りだくさんだった2学期を終え、児童・生徒らは冬休みを迎える。

 阿智村の浪合小学校(洞沢佳久校長、児童42人)では、飯伊の小学校でもっとも早い25日に終業式を実施。児童を代表して1年生2人と5年生1人が、2学期を振り返って作文を発表した。

 運動会でダンスができるようになったことや、水泳で速く泳げるようになったこと。マラソン大会に向けて毎朝練習をしたが足をくじいてしまったことなど、それぞれ努力したことを披露し「3学期には漢字をしっかりやりたい」「悔しい気持ちを来年に生かしたい」などと今後の目標や決意を語った。

 洞沢校長は今年実施した入学式や修学旅行、運動会、音楽会といった行事や、普段の学校生活を写真とともに紹介。子どもたちが学び合ったり活躍する姿を振り返った。

 「明日からは冬休み。大みそかや正月をおうちの人と楽しんで」とし、「新しい年に新しい気持ちを持って取り組み、新しい自分を見つけて。頑張りたいことを決めたり、自分のいいところを確かめてみて」と呼び掛けていた。

 飯田教育事務所によると、26、27日を中心に25―27日の3日間に飯伊の公立小中学校で終業式が行われる。3学期の始業式は1月6―9日に開かれる。

  
大西利空、野球と俳優の二刀流? 人気子役がランドセルPR : 京都新聞 高校再編上伊那の協議会 来月中高生と懇談会
人形浄瑠璃 児童も熱演 中川保存会
佐川前国税庁長官らを教授が告発 公文書変造などの疑い、森友問題 : 京都新聞 小学校の英語、年間50時間に 京都・亀岡で5、6年生 : 京都新聞
インドネシア学生と異文化交流 伊那北高
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧