制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
松尾新井区でどんど焼き実施 美博で部分日食の観望会開く
原村ペンションビレッジに新風 開店準備進む ザリガニ新品種を 東海大諏訪高生の水野さん
桜谷小で特別授業「ちがいは豊かさ」

=国際、人権理解深める=

◇日野
 日野町立桜谷小学校でこのほど、校舎改修で新しくなった音楽室などを使った特別授業が行われた。
 十年来の要望が実り、今夏から校舎の大規模改修が行われている。特別授業は、生まれ変わった校内に親しもうと、人権週間に合わせた学級活動や全校朗読集会などを開き、学校評議員らを招待した。
 三年生のクラスで行われた学級活動(写真)では、県臨時講師の加朱将也さん(26)がエチオピアの民族衣装を着て登場。電子黒板を使って、国際理解を深める授業を始めた。
 加朱さんは、今年六月までの二年間、海外青年協力隊としてエチオピアで暮らし、スポーツ振興などで子どもたちと過ごした経験があり、人々との交流や多文化理解の大切さを伝えたいと、二学期から同校で活動している。
 授業では、食べ物や文化の違いの中から「物の豊かさ=幸せ」ではないことに気づいてもらおうと、「生活は大変だけど手間暇がかかる分だけ人との距離は近い。協力し、支え合う心の豊かさが大事」と話した。
 授業を終えた児童たちは「エチオピアなら友だち一〇〇人できるかも」「コンビニやスーパーがないし、すぐに食べられないけど、みんな笑顔だった。いつかエチオピアのご飯を食べてみたい」との感想文を書いていた。


飯田西中と羽場地区が防災訓練 学校と地域が連携し 安土町地域自治区長に
JICA セルビアに初の協力隊
滋賀病院がどう変わる?「地域の医療を考える学習会」 琵琶湖の魚、楽しく広がれ 学食提供、養殖も : 京都新聞
森友交渉記録廃棄で告発 佐川氏や政府職員ら対象 : 京都新聞 女児誘拐容疑で男を逮捕、札幌 車に乗せ7時間半連れ回す : 京都新聞
飯田で学校給食フェア~
当日授業中に非難の会話、熊本 高3自殺で第三者委 : 京都新聞 フィンランドからサビナさん LC国際交流青年研修で来市
「わがまち発見」ホイノボリに挑戦 東北支援プロジェクト いつまでも応援します
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧