制服まとめ
緑ケ丘中校区のスポーツ推進委ら応急処置講習会 市内の文化財が大雪被害
高岡の森保存会がアジサイ定植 豊丘村のNPOかあちゃんの店がパンの日始める
タグラグビー小学生選手権 伊賀良が全国Vに意欲 外国人児童生徒適切支援へ、日本語能力測定法学ぶ
上郷小6年生が議会傍聴~質疑答弁へまなざし真剣~ 緑ケ丘中「出前授業」入学に向けて学区の6年生に
飯伊小中学生優秀作品展 丸山小6年生の給食で「キャラ弁」提供
緑ケ丘中でふれあい体験講座の発表会 大鹿中3年生が路線バス乗車体験~高校進学後の安心に~
緑ケ丘中校区のスポーツ推進委ら応急処置講習会

 緑ケ丘中学校区の松尾、竜丘、下久堅の3地区のスポーツ推進委員と公民館は25日、少年少女スポーツクラブの指導者などを対象に、AEDなどを使った応急処置講習会を開いた。

 同校区内の3地区の少年少女スポーツクラブは5年ほど前から連携した取り組みを行っている。中学校へ入っても部活でスポーツを続けられるよう3地区内の好きなクラブに入ることもできる他、昨年から合同での指導者講習会も続ける。

 今回の講習には20人ほどのスポーツ指導者らが参加。伊賀良消防署の矢澤靖弘さんを講師に熱中症や落雷、心臓震とうなどのスポーツ災害について聞き、心肺蘇生法やAEDの使い方を実践した。

 矢澤さんは子どもの死亡原因の多くは不慮の事故などの突然死で、無理をさせず自己予防に努め、いざという時の対応や応急処置を身に付けておくことの大切さを強調した。

 熱中症や落雷の予防や対応方法などの後、心臓震とうについて説明。野球に限らずボールなどが子どもの胸に当たって心臓震とうになるケースがあるという。心臓震とうになった場合は早い段階で心肺蘇生やAEDを行わなければならない。

 続いて、実際に心肺蘇生法とAEDの使用方法を練習。倒れている人を見つけて、意識を確認し、周囲の人に救急要請とAEDを持ってくるよう頼んで、胸骨圧迫に取り掛かった。AEDが到着すると機械のアナウンスにしたがってパッドを貼り付け、電気ショックを与えると救急車が到着するまで胸骨圧迫を続けた。

 講習会を呼び掛けた市スポーツ推進委員協議会会長の田中利治さんは「単独クラブでの開催が難しい講習も合同ならできる。子どものスポーツ離れが深刻化するいまこそ、子どもたちが安全に楽しめる環境をつくっていかなければいけない」と話していた。

  
小口太郎生誕120周年 岡谷で7日つどい 高森の吉田神社で春季祈年祭開く
高森町が被災地小谷で交流継続 小学生がスキー満喫 松尾小 児童会ボランティア委員会が布を寄贈
松尾小4年生対象に水引教室 売木村
「大鹿歌舞伎」喬木で出張公演、伝統の地芝居を間近に 阿智高生が福祉体験学習
絵からイメージ膨らませ 竜東中生が春草の鑑賞学習  大鹿歌舞伎を国無重文指定に答申
バレーボール100個を寄贈 飯伊の高校からアフリカに ミヤマシジミ研究会 環境教育など活動報告
阿智第三小でスケート参観日 座光寺・麻績神社春祭りに向け連日稽古
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧