制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
外国人児童生徒適切支援へ、日本語能力測定法学ぶ

 飯田国際交流推進協会と飯田市はこのほど、外国人児童生徒への適切な学習支援に向け、文部科学省が新たに作成した対話型の日本語能力測定方法(DLA)を学ぶ研修会を伊賀良公民館で開いた。

 市内の小中学校で日本語を指導する教諭や地域の日本語教育支援者など30人余が参加。DLAの開発に携わった東京外大留学生日本語教育センターの小林幸江教授と菅長理恵准教授らが講師を務めた。

 DLAは教科学習に困難を感じている児童生徒の言語能力を把握し、必要な学習支援を検討に役立てる狙い。対話を通じて、学習に必要な言語能力を「話す」「読む」「書く」「聴く」の4面から把握する。測定過程も児童生徒の学びの機会になり、支援段階に応じた活用ができるという。

 研修会で講師らは、DLAの狙いや特徴を解説。児童生徒の達成感や次のステップへのやる気を喚起する活用を期待した。後半は参加者らが組になり、名前や学年、好きなことなどの基本情報を聞く「導入会話」や基礎的な「語彙(ごい)力チェック」を実践した。

 市男女共同参画課によると、昨年5月1日現在、市内の外国人児童生徒は164人で、うち69人が日本語の指導を必要とする。

 同課は「適切な学習支援のためには、まずは個々の言語能力を的確に把握することが大切」と指摘。今回、全国的に活用が見込まれる汎用的なDLAの研修を試みた。今後も外国人児童生徒の教育環境や日本語教育支援体制の整備に向けた研修・研究会を開きたい、としている。

 文科省はDLAを広く活用してもらおうと、実践テキストなどをホームページ上で公開する予定だ。

創造館で下伊那教職員作品展 伊那北高1年の亀田さん 囲碁で全国へ
共通テ記述式正答率、1%未満も 試行調査、国語と数学で低調 : 京都新聞 ステージいっぱい 迫力の合同演奏
飯田署 竜東中を自転車安全利用モデル校に指定 皇太子ご夫妻、彦根城など訪問 滋賀、市民と交流 : 京都新聞
生き物講演会「びわ湖の生き物の不思議」 「いじめへの危機感乏しい」学校の対応厳しく批判 調査報告書 : 京都新聞
時計修理、プロに混ざり学生が入賞 技能五輪で専門学校の女性 : 京都新聞 水ぼうそうで学年閉鎖 京都・与謝野の小学校 : 京都新聞
日大教組、ネット署名募る 理事長辞任など要求 : 京都新聞 下久堅小 「ひさかた和紙」で卒業証書作成
災害に強いまちづくりへ 蒲生地区第1号「炊き出しかまど」 心の成長、会話、経験へ 家族での食事大切に
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧