制服まとめ
天龍小みどりの少年団が巣箱づくり 豊丘北小が文科大臣賞を受賞
高森南小でお花見給食開く 泰阜小児童がカタクリ学ぶ
松川町教委が新任教職員対象に研修会~薬物逮捕事件受け~ 「南ア」サポーターを育成、9月の大会向け簡易講座を
鼎中 訪日旅行の香港女子中学生を歓迎 下農生と東中生が種まき作業で交流
竜東中1年生が信大院生と宿泊学習 高陵中3年が通学路美化に汗「地下歩道をきれいに」
遠山漁協が初企画 寄付のアマゴ放流、つかみ捕りに歓声 「ヒマワリで復興支援を」阿智第二小の全校児童が種まき
天龍小みどりの少年団が巣箱づくり

 天龍村立天龍小学校(林武司校長)のみどりの少年団を構成する高学年生16人が9日、5月に飛来してくる渡り鳥ブッポウソウの巣箱づくりを行った。手作りで31個を作成。12日に天竜川に架かる橋や山林などに設置し、村鳥に指定されているブッポウソウの営巣、繁殖を手助けする。

 東南アジアから渡ってくるブッポウソウの保護を目的に、1998(平成10)年から毎年実施。ことしもみどりの少年団の活動の一環として、4―6年生が作業をした。

 最初に飯伊森林組合の瀧澤一登さんが「1組でも多くの番が入るよう頑張って作ろう」と呼び掛け、作り方を指導。児童たちは2人一組に分かれ、同組合や下伊那地方事務所、村などの職員から手ほどきを受けて工作した。

 6枚の板を組み合わせ、交代でくぎを打ったり、抑えたり。慣れない作業に戸惑いながらも、協力しながらコツコツと進めた。

 1人2個ずつをつくり、4時間ほどで直径10センチの巣穴が開いた43センチ×20センチ×20センチの巣箱31個が完成。村民らの要望を受けて、新たに止まり木を据え付けたものも作った。

 ブッポウソウは天龍村の村鳥で、県の特別天然記念物にも指定されている希少種。例年、5月中旬に同村に渡り、各地の巣箱などで営巣する。

 金緑色に輝く姿が特徴で、生徒たちは毎年、飛来した直後から観察を行い、渡り去った後には巣箱を集めて鳥の繁殖状況などを調査している。

 5年生の女子児童は「くぎが曲がっちゃったりして難しかった。ことしもたくさんの卵がかえってほしい」と話していた。

 少年団はこの他、学校近くの森林でシイタケの駒打ち作業も体験した。

  
農業水利施設を観光資源に 3月にモデルツアー 学校とスポーツに焦点 諏訪湖博物館で企画展
松尾公民館、夜間ソフト連盟が40周年 夏休みに流しそうめん 西部シルバーが子ども向けレク
「最悪の事態」想定し対応 飯田市で県総合防災訓練 飯田下伊那各地の小中学校終業式
飯田市で三遠南信サミット “みち”をテーマに未来展望 阿智高でサテライト講座始まる~予備校の授業を学校で
満開の桜に笑顔広がる 高森南小で「お花見給食」 900人が駆け抜ける 阿南町新野で千石平ロードレース大会 
竜東中1年生が信大院生と宿泊学習 天龍中卒業生にハンガー贈呈
飯田高で初の大学入試センター試験 千栄小の給食に「まぼろし丼」 千代幻豚と千代ネギ使う
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧