制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
天龍小みどりの少年団が巣箱づくり

 天龍村立天龍小学校(林武司校長)のみどりの少年団を構成する高学年生16人が9日、5月に飛来してくる渡り鳥ブッポウソウの巣箱づくりを行った。手作りで31個を作成。12日に天竜川に架かる橋や山林などに設置し、村鳥に指定されているブッポウソウの営巣、繁殖を手助けする。

 東南アジアから渡ってくるブッポウソウの保護を目的に、1998(平成10)年から毎年実施。ことしもみどりの少年団の活動の一環として、4―6年生が作業をした。

 最初に飯伊森林組合の瀧澤一登さんが「1組でも多くの番が入るよう頑張って作ろう」と呼び掛け、作り方を指導。児童たちは2人一組に分かれ、同組合や下伊那地方事務所、村などの職員から手ほどきを受けて工作した。

 6枚の板を組み合わせ、交代でくぎを打ったり、抑えたり。慣れない作業に戸惑いながらも、協力しながらコツコツと進めた。

 1人2個ずつをつくり、4時間ほどで直径10センチの巣穴が開いた43センチ×20センチ×20センチの巣箱31個が完成。村民らの要望を受けて、新たに止まり木を据え付けたものも作った。

 ブッポウソウは天龍村の村鳥で、県の特別天然記念物にも指定されている希少種。例年、5月中旬に同村に渡り、各地の巣箱などで営巣する。

 金緑色に輝く姿が特徴で、生徒たちは毎年、飛来した直後から観察を行い、渡り去った後には巣箱を集めて鳥の繁殖状況などを調査している。

 5年生の女子児童は「くぎが曲がっちゃったりして難しかった。ことしもたくさんの卵がかえってほしい」と話していた。

 少年団はこの他、学校近くの森林でシイタケの駒打ち作業も体験した。

県立近代美術館 26年度の企画展 2018年07月26日付
泰阜村のあんじゃね自然学校宿泊体験 滋賀学園・優勝報告会
語ろう、話し合おう 将来設計と幸せ
障害児福祉と継続支援の拠点 発達支援センターが完成 道路や鉄道混乱、休校も相次ぐ 滋賀の地震被害 : 京都新聞
座光寺小6年1組が林野庁長官賞を受賞 この夏はゴーヤの日陰で 市内最大の緑のカーテン
国際姉妹都市の中学生使節団来町
ウィードの人物像研究 京都・須知高、フォーラム発表へ : 京都新聞 売木村の清水秀樹村長が初登庁
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧