制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ
地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁 来月アイスキャンドル 城南小1年生が制作
茅野市台湾交流事業 新たに1校と姉妹校提携 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 半世紀の足跡を俳画集に 小口俶さん刊行
音楽コンク日本一 箕輪中部小と箕輪中 ツリーハウスをCFで 飯島中1年1組が挑戦
渋谷区の中学生が龍江で田植え~初体験に悲鳴と歓声~

 東京都渋谷区の実践女子学園中学校2年生が体験旅行の一環で12、13の両日、飯田市龍江の農業法人今田平(大平盛男社長)を訪れ、田植えを体験した。生徒たちは大きな田んぼの両端にずらりと並んで一斉に田植えを行い、泥の感触や昆虫のいる田んぼに歓声や悲鳴を上げながら苗を植えていった。

 同校は岐阜県恵那市にある学校創設者の墓参りと、飯田市での農業体験を目的とする体験旅行を6年前から実施。同市での農業体験は食育の一環、自然体験として位置付けられ、2泊3日の日程で7クラス、270人余が訪れた。

 初日は約150人が今田平を訪れ、田んぼでの歩きからや苗の持ち方、植え方の指導を聞くと田んぼへ移動。約1500平方メートルの田んぼ両脇に全員が並ぶと、笛の合図で初めて田んぼに足を踏み入れた。生徒たちは冷たくてぬるっとした泥や土の感触、また生息する虫に悲鳴や歓声を上げながらも、手に持った苗を田んぼに張らせた綱に沿って植え込んでいった。

 旅行の団長を務める教諭は「普段食べている米作りの一部でも体験して、何かを感じ取ってもらいたい」と話し、大平社長も「農業の厳しさと同時に、収穫までの達成感や喜びを味わってもらいたい」と語り、秋に収穫した米は生徒たちに送るという。

 1999年から体験旅行の受け入れを始めた今田平。南信州観光公社を通じて6月中旬までの春シーズンだけで、田植えや果樹の摘果作業、イチゴの収穫などで20校以上を受け入れる予定だ。

  
高1男子、公園で首つり自殺か 千葉、トラブル把握できず : 京都新聞 津川雅彦さん、京都の映画一家に育つ 子役から活躍 : 京都新聞
春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作 ブッポウソウ研究にGPS装着
LGBT、尊厳どう保障する 京都・長岡京 : 京都新聞 学校再編基本計画案 諏訪市教委
故郷の民話を綴った大型紙芝居を絵本に 在日コリアンら「会談実現」訴え 朝鮮半島の平和願い : 京都新聞
松川町上片桐でフェスタぎおん 雨でも活気十分、盛大に 逃走、車盗んだ容疑でも指名手配 受刑者の男、学校に刑務官配置 : 京都新聞
県政NOW 「進まない東日本大震災復興事業。」 子どもたちの見た戦争 次代に伝えるもの
国登録有形文化財 ヴォーリズ建築公開 森友・財務省改ざん問題が1位 社会部長が選ぶ十大ニュース : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧