制服まとめ
渋谷区の中学生が龍江で田植え~初体験に悲鳴と歓声~ 宝暦庵でお花まつり、近隣4区が奉賛会を設立
「アサギマダラを楽しみに」阿智第三小が校庭にフジバカマ植える 「ふるさと就職の集い飯田2015」開催、55社と学生が面接会
阿南第一中生が茶摘み作業 下久堅で小学生らと自転車選手が交流会
TOJ南信州ステージを開催 清内路小の参観日に相撲大会開く
「下伊那の書展」が開幕 竜東中生徒が勤労体験学習でリンゴの摘果
飯伊わんぱく相撲大会、あきらめない姿に沸く 泰阜村で駅伝競走大会~24チームたすきつなぐ~
渋谷区の中学生が龍江で田植え~初体験に悲鳴と歓声~

 東京都渋谷区の実践女子学園中学校2年生が体験旅行の一環で12、13の両日、飯田市龍江の農業法人今田平(大平盛男社長)を訪れ、田植えを体験した。生徒たちは大きな田んぼの両端にずらりと並んで一斉に田植えを行い、泥の感触や昆虫のいる田んぼに歓声や悲鳴を上げながら苗を植えていった。

 同校は岐阜県恵那市にある学校創設者の墓参りと、飯田市での農業体験を目的とする体験旅行を6年前から実施。同市での農業体験は食育の一環、自然体験として位置付けられ、2泊3日の日程で7クラス、270人余が訪れた。

 初日は約150人が今田平を訪れ、田んぼでの歩きからや苗の持ち方、植え方の指導を聞くと田んぼへ移動。約1500平方メートルの田んぼ両脇に全員が並ぶと、笛の合図で初めて田んぼに足を踏み入れた。生徒たちは冷たくてぬるっとした泥や土の感触、また生息する虫に悲鳴や歓声を上げながらも、手に持った苗を田んぼに張らせた綱に沿って植え込んでいった。

 旅行の団長を務める教諭は「普段食べている米作りの一部でも体験して、何かを感じ取ってもらいたい」と話し、大平社長も「農業の厳しさと同時に、収穫までの達成感や喜びを味わってもらいたい」と語り、秋に収穫した米は生徒たちに送るという。

 1999年から体験旅行の受け入れを始めた今田平。南信州観光公社を通じて6月中旬までの春シーズンだけで、田植えや果樹の摘果作業、イチゴの収穫などで20校以上を受け入れる予定だ。

  
南信州を世界の強豪が熱走 自転車レースのツアー・オブ・ジャパン 龍江の今田平でイチゴ狩り始まる
喬木第二小全校児童の陶芸展 「土の温もり」触れ制作 泰阜中学校で短歌教室
阿智村共同調理場がブラジル料理を給食に 杵原学校桜フォトコンテストの作品募集
飯田市の消防出初め式開く 「宇宙メダカ」の飼育発表 平谷村で飯伊の児童ら
遠山の霜月祭りが開幕 A・コープで1日こども店長
「いす-1」にトロフィーできた 大学生ら制作、大会で授与へ : 京都新聞 新商品「柿うどん」を発表 市田柿の皮の粉末活用し 高森町
ふるさと就職ガイダンス開く 伊賀良で教育関係機関懇談会 あいさつテーマに意見交換
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧