制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
松川中の起業体験「チャレンジショップ」出店に向けて準備着々

 松川中学校の2年生が事業の企画から店舗の出店までを行う起業体験「チャレンジショップ」で、生徒たちは24日、設立する会社の名称と組織を決めた。販売する商品の検討にも入り、自由な発想で意見を出し合った。

 チャレンジショップは2年生117人のうち16人が参加を希望した。

 8人ずつの2つのグループに分かれ、それぞれ会社を立ち上げる。この日、会社の名前を考え、社長、商品開発部長、製造部長、マーケティング部長、経理部長といった役割を決定。一つのグループは会社名を「おいでなんよ~ ショップ松中」にした。

 社長に就いた男子生徒(13)は「地域の人たちの思いが通うような店にしたい」と意気込みを語った。

 また、パンなどの製造・販売「フカツ」(同町元大島)の深津純社長を迎え、「いいものを売るのは当然。売る人に会いに来たいと思われる店を目指してほしい」などとアドバイスを受けた。

 今後、8月をめどに収支計画を作成。企画書をもとに9月には金融機関から資金調達し、商品の広報を始め、11月下旬の週末2日間を使って販売する予定。店は町中心部のあらい商店街の空き店舗を活用する。

 生徒が自ら出品するのは初めて。増え続ける空き店舗の活用も兼ねた試みで、約40の商店でつくる「あらい商店街連合会」が町教委に提案、実現となった。同連合会の和地雅二会長は「挑戦する生徒には将来、あの時の経験があって商売を始めたと言ってもらえたらうれしい」と話した。

松川町でドローン活用の説明会 下條村縦断駅伝大会 47チームが力走見せる
JAが受験生応援新商品を発売へ 華やか雛人形
飯田で学生ら対象に就職ガイダンス 小中連携・一貫教育推進委が報告会
教諭が顔面を蹴り、小6男子骨折 北九州、指導に従わないと : 京都新聞 ガリ版の魅力と保護 頑張ってます!地域おこし協力隊員
子どもたちの夢に咲く夜桜 淡海環境保全財団
ええほん東近江 ものづくり市 日野町 交通死亡事故ゼロ1000日達成
売木村が移動式まきストーブ導入 飯田ファイヤーズが初出場で全国一 知的障害者バスケ
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧