制服まとめ
松川中の起業体験「チャレンジショップ」出店に向けて準備着々 選抜準優勝の履正社を迎え招待試合
緑ケ丘中3年生が福祉体験学習 青少年非行・被害防止月間で街頭啓発
人形劇団やまんばの人形展示 山本公民館 上村小が砂防堰堤現場を見学 小水力発電機づくりも
飯伊少年野球選手権が開幕8強決まる 下條村で8人が一日館長、図書館への理解深める
県が食品の夏期一斉取締り、細菌性食中毒の防止を 松川町で通学合宿始まる、高校生らがサポート役を
トヨタ自動車の伊原副社長が講演会 全国高校野球県大会が開幕
松川中の起業体験「チャレンジショップ」出店に向けて準備着々

 松川中学校の2年生が事業の企画から店舗の出店までを行う起業体験「チャレンジショップ」で、生徒たちは24日、設立する会社の名称と組織を決めた。販売する商品の検討にも入り、自由な発想で意見を出し合った。

 チャレンジショップは2年生117人のうち16人が参加を希望した。

 8人ずつの2つのグループに分かれ、それぞれ会社を立ち上げる。この日、会社の名前を考え、社長、商品開発部長、製造部長、マーケティング部長、経理部長といった役割を決定。一つのグループは会社名を「おいでなんよ~ ショップ松中」にした。

 社長に就いた男子生徒(13)は「地域の人たちの思いが通うような店にしたい」と意気込みを語った。

 また、パンなどの製造・販売「フカツ」(同町元大島)の深津純社長を迎え、「いいものを売るのは当然。売る人に会いに来たいと思われる店を目指してほしい」などとアドバイスを受けた。

 今後、8月をめどに収支計画を作成。企画書をもとに9月には金融機関から資金調達し、商品の広報を始め、11月下旬の週末2日間を使って販売する予定。店は町中心部のあらい商店街の空き店舗を活用する。

 生徒が自ら出品するのは初めて。増え続ける空き店舗の活用も兼ねた試みで、約40の商店でつくる「あらい商店街連合会」が町教委に提案、実現となった。同連合会の和地雅二会長は「挑戦する生徒には将来、あの時の経験があって商売を始めたと言ってもらえたらうれしい」と話した。

  
山本の杵原学校に案内看板設置 「不審者に気をつけて」 ゆるキャラが啓発に協力
竜東中スポーツ大会開く 上久堅、千代、龍江の3公民館 昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から
6周年で子どもたち来場 城田孝一郎芸術資料館 120人で茶摘み作業 「稲丘茶」で下農生が黙々と
戦後73年・伝える記憶4 「語り継ぐ原動力に」 飯田日中友好協会泰阜の木下さん 飯田コアカレッジ学生がパソコン教室開講
山田洋次監督「母と暮せば」12日公開 杵原学校再び映画に 羽場曙友会が記念碑建立 刈敷権取得260周年祝い
松川町3小学校6年生がミニ議会 八幡商店街でハロウィーンイベント
天龍村の平岡ダム近くで慰霊法要 いじめ対応が不適切と提訴、奈良 小学女児、市に賠償請求 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧