制服まとめ
防火を体で学ぶ

=第26回ちびっ子消防広場=

◇東近江
 能登川消防署は「第26回ちびっ子消防広場」を先月19日、県消防学校(東近江市神郷町)で開催した。見学や体験を通じて、正しい火の使い方などを学び、幼少年期に防火意識を高めてもらうことを目的に開かれ、会場にはミニ消防車の乗車体験や、地震体験、消火器の体験、煙体験ハウスなどが設置され、順番待ちの行列ができるほど、多くの家族連れで賑わった。中でも、平均台の上を歩きながらロープをたどり、階段を登り、ロープに固定されたブランコを隊員に引っ張ってもらって駆け降りる「ちびっ子レスキュー」は人気で、子どもたちは大はしゃぎで体験を楽しんでいた。小林徹也さん(30)は「体験できるものが多いので、子どもたちもわかりやすく楽しめる」と話した。また、地域防災の担い手となる若者や女性、子どもなどを対象にした災害発生時に家庭などの備えにつながる知識や技術を学ぶ防災危機管理局による今年初となる「消防一日体験コーナー」では、心肺蘇生法やAEDの取り扱い、救急法実演なども実施され、普段体験できないことだけに、来場者たちは真剣な表情で取り組んでいた。


海自隊員、強引ナンパで首絞める 暴行容疑で逮捕 : 京都新聞
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧