制服まとめ
天竜川で市田灯籠流し 晩夏の風情に味わい 飯伊各地で始業式 充実した2学期に
飯田市でシェイクアウト訓練 大宮諏訪神社の秋季祭典開催
泰阜村で高原ロードレース大会 飯伊学童泳力テスト開催
非常用浄水装置を導入 天龍村 夏休み高校生サマーチャレンジの報告展
赤ちゃんとのふれあい体験 阿南一中 清内路かぼちゃを収穫
市民3万人が一斉訓練 南海トラフ想定し意識高める 飯下建設組合が木工教室 ものづくりへ興味醸成
天竜川で市田灯籠流し 晩夏の風情に味わい

 高森町下市田の天竜川で18日夜、伊那谷に晩夏の訪れを告げる伝統の風物詩「市田灯籠流し」があった。町観光協会の主催で91回目。250基の幻想的な灯籠の光が川面を流れ、約2000発の花火が夜空を焦がした。

 午後6時半すぎ、天竜川に架かる明神橋のたもとで僧侶が読経する中、火がともされた灯籠は岸から静かに送り出された。

 灯籠は、桑の枝を支柱にするなど、地元出砂原(ださら)自治会の手作り。新盆を迎えた家では故人の戒名を記した紙も付けた。

 同7時、花火の打ち上げが始まると祭りは最高潮に。尺玉やスターマインが次々に打ち上げられ、両岸を埋めた多くの見物客は晩夏の風情を味わった。

 明神橋近くには多くの出店が軒を連ね、浴衣姿の家族連れなどが晩夏のイベントを楽しむ姿も見られた。

 花火の打ち上げを前に、駅前広場では和太鼓グループが日頃の練習の成果を披露。子どもたちのちょうちん行列やみこしも加わり、にぎわいを見せた。

 また、高森中学校との交流事業で町内に滞在中の福島県南相馬市原町第一中学校の2、3年生11人も参加、寄せ書きした灯籠を流した。

 市田灯籠流しは、ことし1年に亡くなった人の成仏と先祖の霊を慰めようと、大正時代から始まったとされる。

  
伝統食をつないで 第12回学校給食フェア 高森町で「市田灯籠流し」 光の共演に歓声上がる
ひさかた和紙の手すきに挑戦 下久堅小 市議会総務委員会が補正予算案可決
市田灯籠流し 夜空を彩る花火に歓声 長寿命化と安全対策 辰野中の古城のケヤキ
松尾小6年生が古墳を見学 親子90人が魚つかみ 塩沢川で恒例の体験教室 飯田市下久堅
画家の吉川優さんが出前授業 県立高校入試の前期選抜
南信州を世界の強豪が熱走 自転車レースのツアー・オブ・ジャパン 熊の目撃情報受け熊よけ鈴配布
県飯田技専校が建設機械オペレーション科開講 部活の延長としての社会体育廃止 中学校運動系で方針案 飯田市教委
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧