制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
4中学生が人形浄瑠璃サミット

 飯田市の今田人形と黒田人形、阿南町の早稲田人形、上伊那郡箕輪町の古田人形に携わる4校の中学生が交流する「伊那谷伝統人形浄瑠璃中学生サミット」が6日、飯田市上郷の黒田人形浄瑠璃伝承館であった。

 地域で受け継がれる人形浄瑠璃の若い担い手が一堂に会し、互いの活動を見聞きしながら学び合う行事で、13回目のことしは高陵中を当番校に開催。同校と箕輪中、阿南一中、竜峡中から92人が参加した。

 阿南一中の早稲田人形座と竜峡中の今田人形座は、タイプの違う三番叟、高陵中の黒田人形部は「生写朝顔日記 宿屋から大井川の段」を演じ、箕輪中の古田人形座は活動を報告した。

 交流会では小グループに分かれ、練習の方法、上達するために心掛けていることなどについて自由に語り合った。

 当番校として、交流会を盛り上げようと努めた高陵中黒田人形部の部長(14)は「三番叟にもいろんな種類があることなど、いろんなことが知れて、演技もうまくてすごいと思った。交流会を通して他校の活動の様子が分かり、絆もできた」と振り返った。

 伊那人形芝居保存協議会の高田正男会長は「自分の人形が動かない場面でも棒立ちにならず、相手の演技に反応する『受け』をすることで舞台全体が良い雰囲気になる」などとアドバイスし、「人形浄瑠璃で心を豊かにし、学校や地域をよくして」と若い継承者の活躍に期待した。

 来年度は箕輪中を当番校に開く。

「子の力信じてあげて」書家金澤さんの母講演 京都・舞鶴 : 京都新聞
チヨガニの爪化石を発見、座光寺小の近藤響君 県立高校で推薦、特色の選抜入試 約6、200人がのべ81科に挑戦
ごみ撤去費1・5億円増額は妥当 森友問題、国交相が見解 : 京都新聞 新議員25人決まる 東近江市議選
「総理夫人の知人が優遇依頼」 昭恵氏付職員、財務省に電話 : 京都新聞 京都府、小中男女とも全国平均下回る 全国体力テスト : 京都新聞
伊那谷文化芸術祭が開幕 74団体が多彩な舞台を
「ブロック塀倒壊は耐力不足」 大阪北部地震で第三者委 : 京都新聞 美術作品、指や耳使い“鑑賞”  京都国立近代美術館 : 京都新聞
酒気帯び事故で女性講師免職 仮眠後に運転「認識甘かった」 : 京都新聞 首相出席で14日に集中審議 国会、加計やセクハラ巡り攻防 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧