制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ
地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁 来月アイスキャンドル 城南小1年生が制作
茅野市台湾交流事業 新たに1校と姉妹校提携 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 半世紀の足跡を俳画集に 小口俶さん刊行
音楽コンク日本一 箕輪中部小と箕輪中 ツリーハウスをCFで 飯島中1年1組が挑戦
松川東小で最後の運動会開く

 来年4月に松川町松川中央小学校(元大島)に統合する松川東小(生田)で20日、最後の運動会があった。全校児童9人は元気いっぱいにグラウンドを駆けたり綱を引き、地域住民の声援にも後押しされて盛り上がりを見せた。

 開会式の入場行進では校旗を先頭に、児童たちは胸を張って行進。高森広治校長は「55年の歴史に幕を閉じることになるが、全員主役の運動会を成功させよう」と呼び掛け、6年の児童会長(11)は「一人一人の心に最高の思い出が残るよう精いっぱい頑張る」と意気込みを語った。

 最後の運動会のテーマは「必笑 心をひとつにはばたけ LAST9」。9人は紅白に分かれ、かけっこや綱引き、大縄跳び、輪投げリレーなどを通じて得点を競った。最終競技種目のリレーは「全校ファイナルリレー」と位置付け、全員でバトンをつないでゴールを目指した。

 保護者のほか地域住民も加わり、運動会を盛り上げた。またファミリーエコうたユニット「にゃんたぶぅ」のリーダーを務める並木のり子さんも駆け付け、休憩時間を使って歌や踊りを披露。並木さんは同校の卒業生といい、「当時の楽しかった運動会のことを思い出す」と特別な思いで見守っていた。

 東小の閉校記念式典は12月13日に開かれる予定。来年3月19日には卒業式・閉校式を迎える。

 東小は旧生田村の生田東小学校が前身。1959(昭和34)年に同村が松川町に編入合併したのに伴い、現在の校名になった。本年度の全校児童数は9人で、2・4年生が飛び複式学級になっている。本年度の新入生はなかった。

  
ガンバレ!滋賀学 2年連続センバツ出場 飯田市で消防出初め式
教員免許「休眠」、3日間授業外れる 滋賀の講師 : 京都新聞 飛行場と八日市のまち 滋賀県平和祈念館で企画展示
ビーチボールで交流 県内外から89チーム 「下校して毎日練習」し演歌歌手の夢実現 多岐川さん母校で語る : 京都新聞
高校卒業予定者就職内定率6.8%増 台風18号接近で農作物被害
強く豊かな東近江市へ 新春インタビュー2016 学校の性教育「役立たず」が4割 17~19歳の意識調査で : 京都新聞
関西の私立中高が入試情報説明会 21日、京都で : 京都新聞 竜東中生徒がリンゴの摘果作業体験
若年層向けセミナー デートDV防止
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧