制服まとめ
松川東小で最後の運動会開く 高森町でまちづくり懇談会
再開3年目活気 南信濃の和田剣道クラブ 小中全校生徒で野焼き 売木村 1日掛かりで土器完成
豊作で連日にぎわい 豊丘村「堀越まつたけ観光」 親元離れて近所の農家へ 三穂小で農業宿泊体験
台風18号接近で農作物被害 飯田女子短大で発願式
オレンジ色のドジョウ発見 飯田市上久堅で 時又保育園の園児が稲刈り体験
小中連携・一貫教育推進委が報告会 松川入で飯田市育樹祭 森林の大切さ肌で感じて
松川東小で最後の運動会開く

 来年4月に松川町松川中央小学校(元大島)に統合する松川東小(生田)で20日、最後の運動会があった。全校児童9人は元気いっぱいにグラウンドを駆けたり綱を引き、地域住民の声援にも後押しされて盛り上がりを見せた。

 開会式の入場行進では校旗を先頭に、児童たちは胸を張って行進。高森広治校長は「55年の歴史に幕を閉じることになるが、全員主役の運動会を成功させよう」と呼び掛け、6年の児童会長(11)は「一人一人の心に最高の思い出が残るよう精いっぱい頑張る」と意気込みを語った。

 最後の運動会のテーマは「必笑 心をひとつにはばたけ LAST9」。9人は紅白に分かれ、かけっこや綱引き、大縄跳び、輪投げリレーなどを通じて得点を競った。最終競技種目のリレーは「全校ファイナルリレー」と位置付け、全員でバトンをつないでゴールを目指した。

 保護者のほか地域住民も加わり、運動会を盛り上げた。またファミリーエコうたユニット「にゃんたぶぅ」のリーダーを務める並木のり子さんも駆け付け、休憩時間を使って歌や踊りを披露。並木さんは同校の卒業生といい、「当時の楽しかった運動会のことを思い出す」と特別な思いで見守っていた。

 東小の閉校記念式典は12月13日に開かれる予定。来年3月19日には卒業式・閉校式を迎える。

 東小は旧生田村の生田東小学校が前身。1959(昭和34)年に同村が松川町に編入合併したのに伴い、現在の校名になった。本年度の全校児童数は9人で、2・4年生が飛び複式学級になっている。本年度の新入生はなかった。

  
飯田女子高校で文化祭開く 品川の児童らリンゴ収穫体験
泰阜中3年生が乳幼児の成長過程学ぶ 松川中で「水曜てらこや」 つまずきの解消に
小中学校で始業式 「頑張って一年のまとめを」 419企業・団体が出展 諏訪圏工業メッセ
保科正之が漫画に 伊那市観光協会が冊子贈る 飯田市でリニア出前授業
売木小でスケート場開き 「伊那人形芝居」4座4小中学校が出演
小規模校ならではの工夫 上村小で複式授業公開 「天竜川鵞流峡プロジェクト」観察会開き本格始動へ
第50回天龍梅花駅伝 飯田コアカレッジ学生がパソコン教室開講
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧