制服まとめ
喬木第一小が阿島傘作り 慎重に和紙張り付け 阿智高校 神坂学習塾で体験授業
ボーイスカウト飯田第1団が50周年 鼎地区と飯田市が合併30周年
遠山の霜月祭りが開幕 松川北小 ホタルの生息環境を整備
下農生が南信州キャンペーン参加 ヌーベルファーム泰阜が柿の生産拡大へ
飯伊地区の高校美術書道展 若さあふれる130点 龍江絆駅伝 31チームがたすきつなぐ
阿智中で村長と語る会 生徒の意見を村政に 上村小が松尾小と初の交流学習
喬木第一小が阿島傘作り 慎重に和紙張り付け

 喬木村喬木第一小学校の4年生約50人が25日、阿島傘伝承館を訪れ、かつての郷土産業で、いまも技術が受け継がれる和傘「阿島傘」作りに挑戦した。

 阿島傘作りは、村の産業の歴史などを学ぶ狙いで毎年、4年生が体験している。

 事前学習を行い、実際に阿島傘の作業に触れるのは初めて。

 阿島傘の保存と伝承に取り組む「阿島傘の会」の指導で、この日は骨組に扇形の和紙を張る「大張り」と呼ばれる作業を体験。のり付けした和紙が乾いた後にはがれたり、シワにならないよう慎重に手を動かしていた。

 男子児童の一人は「難しそうに見えたけど、やってみると面白い。完成が楽しみです」と話した。

 2~3人で1つのグループをつくり、計20本を製作する。来年1月か2月には傘の表面に絵を書き入れる「絵付け」を行う計画。絵付け後の仕上げ作業は阿島傘の会が行い、3月には手作りの傘が完成しそうだ。

 阿島傘は、江戸時代中期の1737(元文2)年に京都の旅人によって工法が伝わったとされる。戦後には約160戸、年間30万本が生産されていたものの洋傘の普及などによって徐々に衰退。いまでは1戸のみ。

  
治部坂高原に秋の彩り 21、22日に「もみじまつり」 阿智村浪合
緑ケ丘中で小中連携会議 竜東中区3校合同で「ふるさと子ども夢学校」
和田小6年生が此田神楽を披露 飯田西中が「キャリア教育優良学校」で表彰
千代小学校でアサギマダラ学習会
A・コープで1日こども店長 喬木第二小でマツタケ給食
小口太郎生誕120周年 岡谷で記念の集い 清内路かぼちゃ苗作り 伝統野菜の品質向上へ
松尾相撲クラブが強豪迎え合宿 上伊那チーム結成 ユニバーサルリレー出場へ
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧