制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
飯伊地区の高校美術書道展 若さあふれる130点

 飯田下伊那地域の高校の美術・書道クラブが一堂に会する「第34回飯伊地区高等学校美術・書道展」(県高等学校文化連盟南信支部、県教委など主催)が6、7の両日、飯田市吾妻町の市公民館で開かれた。8校の高校生による、若さあふれる約130点が展示された。

 飯伊地区の高校で活動するクラブ員が集い、発表を通じた交流や互いの制作活動の活性化、作品向上を目指して開催。松川、飯田風越、飯田、飯田OIDE長姫、下伊那農業、阿智、阿南、飯田女子の8校が参加した。

 美術部門は油彩やアクリル絵の具などによる平面作品が中心。身の回りの風景や人物などを題材にしたもの、空想の世界を描いたもの、激しい感情の動きを画面に表した作品など。走行中の車の内部を細部まで描写した鉛筆画も並んだ。

 書道部門では、古典の臨書や現代詩、歌詞、一文字書などを展示。文字のイメージに合わせて書体を選択し、淡墨を使用して優しい印象に仕上げたり、太く力強い筆遣いのものなど、多彩な作品が並んだ。

 展覧会前日の5日には、作品の批評会が開かれた。美術では生徒が制作意図を発表したり、各校顧問が講評。書道では、書を通した交流会を行った。

 交流会では当番校の飯田風越が中心となり、飯田の風土や人々などをたたえた岸田國士の詩「飯田の町に寄す」を合作。各校混合で約10人ずつ6グループに分かれ、2×3メートルの紙に書いていった。

 詩を全員で読んだ後、グループごとに書体や構成などを相談。「詩の雰囲気や響きはきれいな感じ。爽やかなすっとした線がいいのでは」「やわらかい感じがいい」など、意見を述べ合いながら書き方を統一し、一文字ずつ交代しながら紙に向かっていた。

桜谷小が準特選受賞 阿智村の恩田井水 平成の大改修が完了し祝賀会
上郷小6年が古代生活を疑似体験~野底山でまき割 「四季折々ホームコンサート」アマービレ出演
宝暦庵でお花まつり、近隣4区が奉賛会を設立 五個荘地区で「まちづくりの集い」
てんびんの里ふれあい広場 来て!見て!集おう! 里山の潜在植生 竜石山で調査
室戸台風、校舎倒壊の恐怖語る 京都の小学校で90歳女性 : 京都新聞 定年後も活き活き活動 第7回 おやじ連作品展
首都圏20人が伊那市に移住体験 テレ東企画 兵庫、未成年や妊婦いれば禁煙へ マイカー罰則は見送り、改正案 : 京都新聞
学校で拉致題材の映像活用を 政府、知事や教育長に通知 : 京都新聞 原村ペンションビレッジに新風 開店準備進む
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧