制服まとめ
飯伊地区の高校美術書道展 若さあふれる130点 龍江絆駅伝 31チームがたすきつなぐ
阿智中で村長と語る会 生徒の意見を村政に 上村小が松尾小と初の交流学習
下條中女子剣道部が優勝 県新人戦 テックレンジャーが「ポイ捨て防止」啓発 園児と交流も
楽天の大久保新監督が泰阜訪問 村民との絆再確認 恐る恐る窯の中へ 千代小5年生が炭焼き体験
OIDE長姫生が中学生に英語披露 下久堅地区で「ひさかた和紙」流しずき作業
飯伊4町村で正月成人式 リニア開通に期待寄せ 上村小で小正月飾り 高齢者が児童に伝える
飯伊地区の高校美術書道展 若さあふれる130点

 飯田下伊那地域の高校の美術・書道クラブが一堂に会する「第34回飯伊地区高等学校美術・書道展」(県高等学校文化連盟南信支部、県教委など主催)が6、7の両日、飯田市吾妻町の市公民館で開かれた。8校の高校生による、若さあふれる約130点が展示された。

 飯伊地区の高校で活動するクラブ員が集い、発表を通じた交流や互いの制作活動の活性化、作品向上を目指して開催。松川、飯田風越、飯田、飯田OIDE長姫、下伊那農業、阿智、阿南、飯田女子の8校が参加した。

 美術部門は油彩やアクリル絵の具などによる平面作品が中心。身の回りの風景や人物などを題材にしたもの、空想の世界を描いたもの、激しい感情の動きを画面に表した作品など。走行中の車の内部を細部まで描写した鉛筆画も並んだ。

 書道部門では、古典の臨書や現代詩、歌詞、一文字書などを展示。文字のイメージに合わせて書体を選択し、淡墨を使用して優しい印象に仕上げたり、太く力強い筆遣いのものなど、多彩な作品が並んだ。

 展覧会前日の5日には、作品の批評会が開かれた。美術では生徒が制作意図を発表したり、各校顧問が講評。書道では、書を通した交流会を行った。

 交流会では当番校の飯田風越が中心となり、飯田の風土や人々などをたたえた岸田國士の詩「飯田の町に寄す」を合作。各校混合で約10人ずつ6グループに分かれ、2×3メートルの紙に書いていった。

 詩を全員で読んだ後、グループごとに書体や構成などを相談。「詩の雰囲気や響きはきれいな感じ。爽やかなすっとした線がいいのでは」「やわらかい感じがいい」など、意見を述べ合いながら書き方を統一し、一文字ずつ交代しながら紙に向かっていた。

  
紅葉の下で親子ら満喫 野底山もみじ祭り盛況に 飯田市上郷 飯田市美博で「須田剋太とオノサト・トシノブ」展開催
飯田市で消防出初め式 OIDE長姫生が中学生に英語披露
浜井場小学校で円筒祭を開く 子ども店長「緊張した」 A・コープあいぱんで体験イベント
第21回童唱まつりを開催 旧木沢小で25年ぶり卒業式 交流続ける和田小6年生に証書授与
生態や対処クマ学ぶ 小学校でICT活用授業 JAXAの石井さんが天龍村で講演
高森町内の3小中学校に市田柿提供
千代小学校で琴の演奏 泰阜村のあんじゃね学校が森遊び体験
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧