制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
松尾新井区でどんど焼き実施 美博で部分日食の観望会開く
原村ペンションビレッジに新風 開店準備進む ザリガニ新品種を 東海大諏訪高生の水野さん
近江八幡 22世紀に伝えたい魅力

=旧市街地を再発見 八幡小4年生と同志社大生=

旧市街地の魅力を発表する八幡小児童と同志社大学井口ゼミ学生

◇近江八幡
 同志社大学政策学部の井口貢教授のゼミ学生と近江八幡市立八幡小学校四年児童が一緒に取り組んだ「二十二世紀に伝えたい近江八幡の魅力」の発表会が二十一日、同市仲屋町の近江八幡まちや倶楽部で開かれた。
 学生と児童たちは、観光客で賑わう旧市街地で守られてきた歴史や受け継がれている生活文化を調べ、その魅力を再認識。それをもとに将来に残したい場所や風景などをまとめた案内マップやパンフレットを作成した。
 発表会では、児童十一人と学生六人が壇上にあがり、市街地を歩いて知ったことやまちについて考えたことなどを語り合い、学習の成果を披露した。
 児童からは、観光客で賑わう八幡堀の歴史や保存運動、住民から聴いた昔や賑わった商店街のようすなどを紹介しながら、私の好きな八幡や私しか知らない八幡について話した。
 学生からは、児童と一緒に取り組んだ活動の成果の中で、子どもにしかない自分たちの街を見る視点や、地域文化を継承していく子どもたちの役割などについて考えを述べた。
 最後に、二十二世紀に残したいものや大切にしたいものを発表。児童からは、桜がきれいな八幡堀、思い出がある八幡山ロープウェイ、街の歴史を伝える瓦ミュージアム、いろんな遊びが楽しめる神社、気持ちが落ち着く八幡神社近くの坂道、昔が学べる町屋などが挙がった。
 学生からは、八幡が好きだという気持ち、自分のまちのことを話せる場や機会、橋上から眺める八幡堀の景色、人の温かさ、駄菓子店がある街などを挙げ、まちの未来を子たちに託した。


仙台交番襲撃、殉職で警察葬 同期「われわれの誇りだ」 : 京都新聞 今治市長住民説明会、2回で終了 加計問題「理解得られた」 : 京都新聞
ロ名門バレエ・アカデミー来日へ 1月からの公演へ最後の仕上げ : 京都新聞 「家族の力」引き出そう 児童虐待相談研修会
サヨナラ、京都みなみ会館 アート系映画館の閉館惜しむ声 : 京都新聞 【寄稿】滋賀県議会議員 高木 健三
ミャンマーで460校建設 日本財団が教育支援継続 : 京都新聞 「化学楽しい」、地域の講師に子ら学ぶ 京都・南丹の小学校 : 京都新聞
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 小林氏が出馬表明 京都・南丹市長選 : 京都新聞
早乙女と小学生でお田植大祭 県広域消防相互応援協定東ブロック インター開設で合同訓練
獣医学部「1校」と言われず 京都府副知事、大臣と面会時 : 京都新聞 近江八幡市教委
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧