制服まとめ
下久堅地区で「ひさかた和紙」流しずき作業 飯伊4町村で正月成人式 リニア開通に期待寄せ
上村小で小正月飾り 高齢者が児童に伝える 天龍村で「龍の子フェス」 子どもたちが特技を披露
大鹿中が「ふるさとづくり大賞」 どんど焼きピーク迎える
飯田市の消防出初め式 飯田市20地区で成人式 社会人として決意新た
飯伊各地で伝統のどんど焼き 耐震改修工事の安全祈願祭 飯田市役所
豊年願い神々が舞う 阿南町で「新野の雪祭り」 高森南小 市田柿発祥の地で「出前教室」
下久堅地区で「ひさかた和紙」流しずき作業

 手すき和紙「ひさかた和紙」の伝統を守る飯田市下久堅地区で、ひさかた和紙保存会(平岩宏保会長)の会員が流しずき作業に励んでいる。牧野光朗市長は、ことしもひさかた和紙の年賀状を投函した。

 会員によると、寒い時期に紙をすくのは、つなぎ(のり)の役目を果たすトロロアオイが「寒くないと効かず、寒い方が良い紙がすけるため」。この日は柿野沢の女性(58)が、大判を丁寧にすいた。

 量産される和紙が機械化、輸入依存にシフトする中、保存会は純下久堅産のコウゾとトロロアオイを使い、手作業で作ることにこだわって保存・継承に取り組んでいる。

 埼玉県や岐阜県、島根県に伝わる手すき和紙の技術が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録され、手すき和紙はにわかに脚光を浴びている。

 下久堅の保存会にも、これまで接点がなかった県内などの画家、芸術家から問い合わせが入るようになったが、関係者には浮き足立ったところはなく、冷静に現状と課題をとらえている。

 大判をすいた女性は「今はすける人材が少なく、供給量に限りがある。紙すきだけでなく、材料の栽培も含めて取り組んでくれる人が育ってくれたら」と話し、継承に関わる人の増加に期待する。

 ひさかた和紙は市長の年賀状のほか、市の公文書、下久堅小学校の卒業証書、地区の表彰状、飯田OIDE長姫高校商業科の生徒が開発したランプシェードなどに使われている。

 移転新築した地区公民館のロビーには、近く和紙のオブジェが地区文化の象徴として展示される。

  
高森町の小学6年生「みらい議会」 積極的に提案し質問も 県縦断駅伝・飯田下伊那チーム壮行会
竹の茶室公開制作、放置竹林活用法考えよう 京都で催し : 京都新聞 ふるさとに命の色を 原田規美恵さんが個展 飯田市本町出身
松川町でハーフマラソン大会開く 「好きなことに挑戦して」 泰阜小中で「夢の教室」
寒天のまちづくり考える 茅野でフォーラム 飯田市長選挙が告示
上村小でプログラミング授業 和合小学校が山村留学受け入れ
上郷小学校で創立100周年記念式典 2019年2月11日付
阿南町議会が「休日議会」開催へ 小さな教室にぎやかに 根羽小に安城の児童が体験入学
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧