制服まとめ
危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ 地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁
松川町3小中学校でコスタリカ料理給食 転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会
「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり 学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳
「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり 31日まで 廣島愛川書作展
「ぬくもりメッセージ」入賞作品決定 「ぬくもりメッセージ」入賞作品決定
児童らが地元を取材 たくさんある文化知って! 若手技能者が入賞を報告
第一回「買うエコ大賞」に「ヨシからできたエコ文具」

=株式会社コクヨ工業滋賀=

楯を受ける株式会社コクヨ工業滋賀の前田賢一・代表取締役社長

◇全県
 第一回「買うエコ大賞」の表彰式が十六日、大津市内であった。県と一般社団法人滋賀グリーン購入ネットワークの主催。
 同賞は、環境に配慮した県産の商品、またはサービスを幅広く募集し、審査会で選ばれた商品またはサービスを、ウェブサイトや県内メディアを活用して紹介し、一般投票で大きな支持を得られた商品・サービスを表彰し、県産エコ商品の普及拡大を目的とするもの。
 審査は、▽環境配慮性▽地域性▽独創性▽共感性―の観点から、昨年九月に一次審査、十月〜十二月の一般投票による二次審査(国内外二千四百七十二票)、今年一月の最終審査の結果、大賞に「ヨシからできたエコ文具」(株式会社コクヨ工業滋賀)、優秀賞に「県産のヒノキ間伐材を使った小・中・高等学校用の机イス」(ウッドワーク滋賀 堤木工所)、「競走馬の調教用ゼッケンで作るバッグ」(サンキューファインホース夢プロジェクト)、「カーボンニュートラルローン 未来よし」(滋賀銀行)、「リサイクルプランター ハンディシリーズ9アイテム」(上西産業)、「省エネ性と快適性を両立するルームエアコン『うるさら7シリーズ』」(ダイキン工業)―となった。


コクヨが製造するヨシを中紙に配合したノート

 大賞に選ばれたコクヨ工業滋賀(愛荘町)の「ヨシからできたエコ文具」は、ヨシを中紙に配合したノート。ヨシは琵琶湖の水環境や生態系保全に役立つが、ヨシ群落を維持するためには、冬場に人の手で刈り取り、有効活用しなければならない。
 このため同社は、ヨシを原材料としたノートを製作し、売り上げの一部を琵琶湖の環境保全活動を展開する団体に寄付するほか、社員で毎年ヨシ刈りを行い、百社を超えるネットワーク活動に広げている。


小中高生20人が発表
真備地区で子ども励ますイベント 岡山、高校生らが企画 : 京都新聞 IT講師刺殺、容疑の男を鑑定留置 福岡地検 : 京都新聞
特急運休など影響 京都の積雪、北部では休校も : 京都新聞
若手技能者が入賞を報告 免許更新時の虚偽回答で追起訴 大阪の聴覚支援学校死傷事故 : 京都新聞
愛媛県、柳瀬氏批判し反証 「覚えている限り」と釈明 : 京都新聞
初心者向け「ビワイチ学校」開校へ 大津のグループ企画 : 京都新聞 浮島丸事件、日韓の関係者が追悼 京都・舞鶴 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧