制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
龍江小児童が今田平で収穫体験 甘いイチゴ頬張る

 飯田市龍江の農業法人今田平(大平盛男社長)で5日、市立龍江小学校の児童がイチゴの収穫体験を行った。大平社長から収穫までの経過の説明を聞いた児童たちは、赤く色付いたイチゴを5個選び、その甘みを味わった。

 同小3~6年生までが昨年10月、1回目の体験として苗植えを実施。この日は5、6年生約40人が収穫に訪れた。

 初めに大平社長が苗や土作り、耕起、畝作り、植え付け、交配などイチゴができるまでを説明。1つの果房には10~13個の実がなり、実は約20グラム、真っ赤になると糖度が15度になることも紹介し、「イチゴは先端が一番甘い。ヘタのついた方から食べるのが上手な食べ方」とアドバイスした。

 児童たちは、説明の中からテスト形式で問題が出題されると、全てに答えて合格点をもらい、一斉にハウスの中へ。自分の目で確かめながら好みのイチゴを収穫していった。6年生の男子児童(12)は「甘さもちょうど良くておいしい」と話した。

 大平社長は「地域の産業を子どもたちに理解してもらい、体験したことを生活の中で役立ててもらえれば」と話していた。3、4年生も日をずらして収穫する予定。

日系外国人の就労支援 県内初の「職業訓練」 「住宅デー」の奉仕作業
愛嬌たっぷりにんげん雛
大津市議会「いじめ防止条例案」全教滋賀教職員組合が反対署名 小中学生、ペッパー自在に プログラミング学習大会 : 京都新聞
生産性高い農業へ17年度の改革 伊那谷文化芸術祭が開幕 74団体が多彩な舞台を
姉妹都市奨学生の 小学生が英語スピーチ 茅野市で初コンテスト
志望企業就職を後押し 八日市南高校で模擬面接 赤ちゃんとのふれあい体験 阿南一中
広域消防が昼神温泉で総合消防演習 キャンドル手に、ナイチンゲール誓詞を朗読 看護学校卒業式 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧