制服まとめ
松尾小4年生対象に水引教室 遠山郷いい川づくり推進会議 飯田市南信濃
喬木第二小児童が三遠南信道3工区見学 飯田コアカレッジ学生がパソコン教室開講
飯田創造館で彫塑講習会の作品展 ライン下りが川開き 観光シーズン幕開け
「学んだことを誇りに」 飯田女子短大で卒業式 卒業式前に通学路復旧 天龍村平岡の崩落現場
下久堅小 粘土でトーテムポール 卒業記念に6年生が制作 豊丘の特産品山ぶどう活用 洋菓子の新商品発売へ
松川町東小 最後の卒業式と閉校式 「楽しく遊んで村学ぼう」 平成版阿智村かるた完成
松尾小4年生対象に水引教室

 飯田市松尾公民館は12日、松尾小学校の4年生134人を対象に「水引教室」を開いた。飯田水引協同組合渉外事業部(渡邊浩平部長)のメンバー9人を講師に招き、淡路結びのしおりの制作に取り組んだ。

 同公民館では、当地域の主要な伝統工芸である水引細工を体験できる機会を提供し、地元の伝統工芸を誇れる子どもを育てることを目的に、10年ぐらい前から毎年4年生を対象に水引教室を開催している。ことしも4年生全員が2クラスずつ同公民館で水引について学習した。

 子どもたちは6つのグループに分かれ、同組合の講師がそれぞれついて指導にあたった。渡邊部長(喜久優代表取締役)は「水引の従事者が多い地域で公民館が水引の勉強を子どもたちの社会勉強に取り入れている。人と人、心と心を結ぶ水引をしっかり学んでほしい」と期待した。

 最初は戸惑いがあった子どもたちも慣れてくると、20色の水引の中から好きな色を何本も選んでオリジナルのしおりづくりに挑戦した。学校の特別活動で伝統工芸クラブに入って水引を学んでいる女子児童は、友だちに淡路結びを教えながら「水引でいろいろなものをつくるのが面白い」とその魅力を語った。

 松尾代田には、元結を作るためになくてはならない晒し紙を発明し、現在の飯田水引に引き継がれている「文七元結」の製造法を確立したとされる稲垣幸八の功績を刻んだ石碑がある。同公民館の角田禊治館長は「学校と地域を結びつける社会学習。水引の歴史を学び、人と人、心と心を結ぶ水引を子どもたちが理解するのは意義があること」と話していた。

  
飯田線上伊那全線開通100年 花火打ち上げ 地区の経営は住民力で 龍江から市政懇談会始まる 飯田市
「日本のど真ん中」売り込め PRへ作戦会議 豊丘村の慈恵園で通学合宿
豊丘北小の給食でまつたけご飯 海外で異文化を体験、根羽村中学生が帰国報告
県高等学校総合文化祭開く 下伊那中学総体が幕開け
清内路かぼちゃ苗作り 伝統野菜の品質向上へ 子育て支援情報まとめて冊子に 諏訪市
景色も満喫健康ウオーク 箕輪の天竜川 豊橋、浜松、飯田の架け橋に 三遠南信の中学生が交流
飯田女子高が来年度通信制課程開設へ 泰阜村でロードレース大会 雨にも負けず1000人
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧