制服まとめ
清内路かぼちゃ苗作り 伝統野菜の品質向上へ 高森町が緑化推進で総理大臣表彰
県境越えスタンプラリー 阿南町など海と山のまち連携 天龍中でプール開き 「水泳天龍」の伝統守る
「風越山麓公園で遊ぼう」開く 伊賀良小 待望の第二体育館 セレモニーで完成祝う
田植えに悲鳴と歓声 今田平で体験旅行生受入始まる 富草小交通少年団がレター作戦 短文に安全の願い込め
松川中で「水曜てらこや」 つまずきの解消に ふるさと就職ガイダンス開く
緑ケ丘中で小中連携会議 よこね田んぼで地元小中学生が田植え
清内路かぼちゃ苗作り 伝統野菜の品質向上へ

 阿智村清内路の清内路伝統野菜保存会(櫻井道治会長)は28日、清内路かぼちゃの苗を大きなポットに植え替える鉢上げ作業を下清内路の畑で行った。苗は5月上旬ごろ、旧清内路中学校近くに新たに設ける20アールほどの畑に定植する。

 清内路かぼちゃは、明治に米国から導入された「デリシャス」が土着したものと推測されているが、交配が進んで従来の特徴がはっきりしない状態になっていた。同保存会は、ハート型で甘みが強いという特徴を残す種を選別し、栽培することで品質の向上や保存、ブランド化を進めようと取り組んでいる。

 昨年収穫したカボチャの中から7つを選別して種を採取。ことし4月9日に種をまいて育苗してきた。この日は会員ら10人ほどが参加し、育った530株の苗を育苗用ブロックからポットに移し替えた。

 ポットには一つ一つ数字が振ってあり、どのカボチャの種から育った苗なのかを分かるようにしている。定植後も追跡して調査していく。栽培量は昨年の2倍ほどになる。

 会長の櫻井さんは「長く交配しているので選別した種から良い形のものができるとは限らない。これまでは自然交配だったが、ことしは人工授粉を試したい」と語った。

 伝統野菜の保存には地域おこし協力隊の女性もことし4月から携わっている。「まだまだ初めてのことばかり。伝統野菜は他の地域にはない貴重なものなので、大事にしていきたい」と話していた。

  
辰野でビブリオバトル 出場者を募集
台風24号 インフラの影響続く 一時121世帯224人が避難
飯田市で郡展と郡音 小中学生が学習の成果発表 天龍村で5町村の協力隊員が研修会
生態や対処クマ学ぶ 小学校でICT活用授業 竜東中区3校合同で「ふるさと子ども夢学校」
清内路小で伝統のこま作り 信玄公がつないだ縁 命日に栗の木を植樹 根羽村横旗
リオ五輪・カヌー矢沢選手のPV 7歳女児虐待疑いで男逮捕、茨城 同居女性の長女を : 京都新聞
先生たちが白熱プレー 諏訪郡市バスケ大会 女子短大幼児教育学科が避難所設営演習
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧