制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
飯田市龍江地区 児童に入学祝い金贈る

 飯田市龍江地域づくり委員会(一ノ瀬孝司会長)は15日、制度策定後初めてとなる子育て支援金のうちの入学祝い金1万円を地区内の該当児童22人に手渡した。子育てにかかる経済的負担の軽減や、安心して子育てができる環境づくりの一環。一ノ瀬会長は「龍江で子どもを生み育てられることに喜びを感じられる地域を目指したい」と話している。

 少子高齢化の影響を受け、龍江では2014年度末に初めて地区住民が3000人を切った。同地域づくり委員会は「龍江で子どもを生み育てられることに喜びを感じられる地域を目指す」として、4月の総会で子育て支援金制度を承認。地区住民の理解を得た。

 一世帯あたりの地区負担金に月100円を上乗せし、6カ月分にあたる600円を年間で徴収して財源に充てる。残金は基金積み立てにして後年度負担に備える。本年度は男子児童11人、女子児童11人の計22人が龍江小学校に入学しており、この日公民館に集まった児童と保護者に贈呈した。

 一ノ瀬会長が「ご入学おめでとうございます」と手渡すと、子どもたちは「ありがとうございます」と笑顔で受け取り、保護者らは「地域で子どもを大切にしてくれている思いが伝わる。大事に使いたい」と話した。

 来年度からは入学式での贈呈を予定するほか、総会では出産祝い金(2万円)の承認も得ており、秋の地区運動会で対象16人に贈呈する方針だ。一ノ瀬会長は「地域の協力を得て実施する独自事業。今後に役立ててもらい、将来は龍江に戻ってきてもらいたい」と呼び掛けた。

 龍江地区のほかにも上村、南信濃、上久堅、千代地区で同支援金制度を導入している。出生、入園、入学時に支援金を贈呈する上久堅地区は、地区住民や出身者でつくる任意の会「上久堅子育て支援の会」に約100人が登録しており、年間6000円を寄付。10年目の取り組みになる。

高岡の森保存会がアジサイ定植 市田灯籠流し 夜空を彩る花火に歓声
45都道府県で「通級指導」実施 文科省、4月から公立高校で : 京都新聞 京都すばると峰山で学科再編 京都府内公立高入試 : 京都新聞
高専プロコンで技術競う 三重、香川、宮城各校受賞 : 京都新聞 伊賀良ラグビースクールが全国大会へ
練習からもっと激しく本気出せ!
元教え子に性的行為、中学講師を免職 「恋愛感情に変わった」 : 京都新聞 「死ぬなら京都がいちばんいい」 余命宣告男性、移住し本執筆 : 京都新聞
認定こども園を来春開園 学校法人 滋賀学園 ホワイトエンジェルス隊があいさつ運動展開
静岡の中学校で毒グモ 生徒の首筋 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧