制服まとめ
松川北小4年生がホタルの環境づくり 豊丘村の慈恵園で通学合宿
松川町上片桐でフェスタぎおん 雨でも活気十分、盛大に かぐらの湯がランク1位を感謝 「飯田は一つ」と学習会も
松川中2年生が女性起業家に学ぶ 11月に「チャレンジショップ」 飯伊警備防犯協が通学路パトロール プロの視点でチェック
食品の夏期一斉取締り 小中連携一貫教育
豊丘村でげんきっこ夏まつり開く 飯田技専校訓練生が工場見学
飯伊少年野球選手権大会が開幕 高陵中と下久堅小 中国の訪日教育生と交流
松川北小4年生がホタルの環境づくり

 松川町松川北小学校の4年生34人は本年度、敷地内にある水路でホタルの育つ環境づくりを進め、先月末には飛び交う姿を確認した。日々の観察や生態の学習にも熱心に取り組み、暗闇に浮かぶほのかな光に触れると感激の様子。「来年の4年生に引き継ぎたい」と思いを新たにした。

 校舎の東側には幅1メートル、長さ138メートルのL字型の水路がある。同校によると、かつて取り組んだ「ホタルがすめる環境づくり」の名残り。10年ほど前までは水路でホタルがよく見られたが、その後手付かずとなり、近年は減少。宝くじの受託事業収入を財源とするコミュニティ助成事業(青少年健全育成事業)を活用し、昨年から、生息環境を再整備する取り組みを始めた。

 4年生は総合的な学習の時間を使ってゲンジボタルの幼虫や、幼虫のえさとなるカワニナを放流。「カワニナをとらないでね」と記した手作りの看板を設置したり、石に付いたコケを落とす作業にも汗を流した。また地元の有志でつくる「ほたるの会」からホタルの生態を教わるなどして学習を深めた。

 先月12日ごろから水路でホタルが舞い始め、多い時には20~30匹のホタルが見られるようになった。先月24日の観賞会には児童や保護者のほかほたるの会のメンバーも加わり、間近で飛ぶ姿を楽しんだ。

 今後は校内で幼虫を飼育する考えもあるようで、下井早苗校長は「地域の人たちと関わりを持つことで学ぶことは多い。来年はほたる祭りを開催できれば」と話した。

  
下農高生13人全員合格 毒物劇物取扱者試験で 「郷土食を楽しもう」清内路小で朴葉ずし作り
学んだリンゴ学習 東春近小4年が感謝の会 喬木村社会福祉協議会が紙芝居制作
小中一貫教育プラン 諏訪市城北小で説明会 検診生かして 富士見高でがん教育授業
天龍中がプール開き 県内トップで泳ぎ初め 大鹿村リニア連絡協が発足
南信州を世界の強豪が熱走 自転車レースのツアー・オブ・ジャパン 1本丸ごとセロリが給食に 原小学校
梅花駅伝に向け天龍中生が試走 湖南小児童が寒天作り見学 製造工程に興味
守れ地域の交通安全 出動!イナレンジャー 区外から新・転入生迎え 特認校指定後初の入学式 上村小
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧