制服まとめ
伊賀良で続く異年齢交流 下條中3年生が模擬議会開く
根羽小でフットベースボール体験 安城市から講師訪れ 下農高に中国の高校生らが訪問 授業に参加し交流も
天龍中で食育プロジェクト 生産者と「ていざなす」給食 松尾小5年生が科学実験教室 リニアの原理を体験
飯伊各地で終業式 1学期を振り返る 北部5町村議会が研修会開く
下農高生徒を講師に鼎小で研修講座 松尾代田で寺子屋始まる
西部3村の小学生がスポーツ交流会 蓮田市の児童ら松川町へ
伊賀良で続く異年齢交流

 飯田市伊賀良まちづくり協議会のひまわり子ども委員会(松澤崇之委員長)によるミニキャンプがこのほど、伊賀良小学校で開かれた。伊賀良小の児童を中心に、過去最多の300人余が参加。保護者や住民、中学生や招待した山本小児童とともに異年齢の交流を楽しんだ。

 ミニキャンプは地域主催の子どもたちの異年齢交流の場として続いており30回目の節目を迎えた。記念にことし登場した伊賀良のマスコットキャラクターいがりんをあしらったバッジを作成し参加児童、スタッフに配布した。小中連携の一環で同じ中学校区の山本小の児童13人を招待、旭中からも34人が参加した。

 集まった子どもたちは8―10人ずつ37のグループに分かれて飯ごう炊さんを体験した。各グループごとにメニューを考えて近くのスーパーに買出しに。購入してきた野菜や果物を切ったり、火をおこして鍋を温めたりと協力しながら作業した。

 暑さと煙で、悪戦苦闘しながらも中学生や大人のサポートでご飯を炊き、カレーやシチューなどを調理。夕食を食べ終わった後は、キャンプファイヤーを囲んでフォークダンスやレクリエーションを楽しんだ。

 旭中3年生の男子生徒の一人は「中学生になると、立場が変わって教える大変さもあるけれど、久しぶりに小学校に来ることができて懐かしい」と語った。

 ひまわり子ども委員会の松澤委員長は「さまざまな団体で受け継ぎ、30年間続いてきた。子どもたちにとって異年齢交流はもちろん、火を起こしたり、お米を炊いたりすることを体験できる貴重な機会になっている」と話していた。

  
美博で「子ども美術学校」作品展開催中 下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ
小学生が英語スピーチ 初のコンテスト 泰阜中学校で短歌教室
清内路で奉納煙火へ向け火薬作り 根羽小学校で飯伊で最も早い終業式
阿南一中、赤ちゃんとふれあい体験 世話通じて命の尊さ学ぶ
ミヤマシジミ研究会 環境教育など活動報告 清内路小で伝統のこま作り
学校給食甲子園決勝へ 長谷共同調理場の献立 インドネシア学生と異文化交流 伊那北高
親子ふれあい教室で龍神の舞を体験 神稲建設が社員子育て応援宣言登録
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧