制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ
地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁 来月アイスキャンドル 城南小1年生が制作
茅野市台湾交流事業 新たに1校と姉妹校提携 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 半世紀の足跡を俳画集に 小口俶さん刊行
音楽コンク日本一 箕輪中部小と箕輪中 ツリーハウスをCFで 飯島中1年1組が挑戦
OIDE長姫高原動機部 Ene―1GP優勝 3年生有終の美 

OIDE長姫原動機部 飯田OIDE長姫高校原動機部が2日に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で開かれた電気自動車レース「Ene―1GP KV―40チャレンジ全国大会」で、KV―1クラス(車重制限なし)で準優勝、KV―2クラス(車重35キロ以上)で優勝を果たした。両クラスとも高校部門では優勝。3年生にとっては最後の大会を好成績で締めくくった。

 

 同大会は、充電式単三電池40本を使用し、鈴鹿サーキットレーシングコース(1周5807キロ)のタイムアタックを3回行い、その合計タイムを競う。KV―1クラスには一般から中学生までの65台(高校部門29台)、KV―2クラスには全24台(高校部門11台)が出場した。

 

 アップダウンが激しく(高低差約40メートル)車体に負担のかかるカーブが連続するコースに対応した車両の製作と、エネルギーマネージメント力が問われる同大会。同部では、コースの攻略に向けパワーの出るモーター作りにも挑戦した。

 

 顧問の北澤勉教諭と親交のあった群馬県の製造会社に協力を依頼。工場見学を行うなどし製造方法を学び、福澤智之教諭が作成した図面をもとに一から製造を始め、ホイールインモーターを完成させた。モーターの製造には、普段練習場を提供している飯田自動車学校から開発費の援助もあったという。

 

 大会を振り返り、電子機械工学科3年の部長(18)は「モーターも思い通りのものができ、良いパフォーマンスを発揮できた。何度も練習や調整を重ねて臨んだことで、本番でもミスやトラブルなく走りきることができた」と笑顔。また、「3年間の活動を通じて最後まであきらめないこと、妥協しないことが成果につながることを学んだ」と、充実した部活動に満足感をにじませた。

 

 福澤教諭は「今の3年生は一つ上の学年がいなかったことで昨年から部の中心として引っ張ってきた。とことんまでやりぬき、さまざまな大会で良い成績を残すことができたことに、自信を持ってもらいたい」と話していた。

 

  
サイクリング企画立案中 ガイドの養成進む
東近江市消防操法訓練大会1位 「80周走れ」教育長が謝罪 大津、教諭の処分協議へ : 京都新聞
おとなの考古学体験講座 次代へのメッセージ 引き継ぐ叡知「商家の家訓」
65チーム熱戦へ 教職員バスケ大会開会式
子どもの読書活動優秀実践校 玉緒小の取り組みに表彰
国会審議、8日にも正常化 大島衆院議長、野党に要請 : 京都新聞 太鼓文化伝わる近江八幡に「ひむれ太鼓」が誕生
通信制高校とは : 京都新聞 里山で元気に育て キジ30羽を放鳥
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧