制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
松川中学校で郷土料理の調理実習

 松川町松川中学校で25日、郷土料理の調理実習が行われ、1年1組の生徒約30人が五平餅作りを体験した。

 家庭科の時間を使い、農産物加工施設「味の里まつかわ」(同町生田)で五平餅の製造を担当しているメンバー3人から伝統の作り方を教わった。

 生徒は炊いたばかりのご飯を粘りが出るまでつぶし、直径5センチ、厚さ1・8センチの金属製の丸い型抜きを使って丁寧に成型した。大きさは1つ38グラム。2個をくしに刺して表面を焼いた後、白ごまを混ぜたくるみみそを塗って完成させた。

 初めて体験したという男子生徒(12)は「ちょっと難しいけど、でき上がりが楽しみ」と語った。

 五平餅作りは郷土料理を知ることでふるさとの魅力と郷土食の良さを感じてほしい―と6年目の取り組み。毎回講師役を務める味の里まつかわ代表の米山由子さんは「地域の食文化を知る良い機会になる。手作りのものをおいしく味わって」と話した。

 1年生約120人は4つのクラスごと、来月1日にかけて体験する。

神明小が蚕を学ぶ奨励賞 絹文化継承に貢献 神戸の中3自殺で再調査へ 市長が遺族に謝罪 : 京都新聞
野菜から生まれたロールケーキ
阪神2軍選手が避難所訪問 岡山・真備、被災者と交流 : 京都新聞 近江八幡市公開事業診断 行政番組はインターネット化で
女子中生買春で高校教諭免職 「ばれないと思い歯止めきかなく」 : 京都新聞 売木村でトライアスロン合宿
英国建築賞に長谷川逸子さん 「刺激と永続的貢献」評価 : 京都新聞 首相、昭恵夫人の活動自粛に努力 森友学園で「国民の疑念招いた」 : 京都新聞
飯田市議会が市長に政策提言 龍江かるた大会で地域学ぶ
地球を守る工夫始めよう! 桜谷小の「豊かな学び講座」 今春の大卒者、77%が就職 好景気反映し8年連続増 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧