制服まとめ
飯田丘のまちフェスティバル 若者育成支援強調月間に合わせ街頭啓発
伊那谷文化芸術祭が開幕 74団体が多彩な舞台を 飯田市で郡展と郡音 小中学生が学習の成果発表
竜峡中2年生が天龍峡題材に短歌作り 松尾小の授業でミシンボラ女性が支援
千代小5年生が炭焼き体験 飯田風越高でOGによる食文化特別講座
大鹿村で三遠南信ふるさと歌舞伎交流 松川町6年生がミニ議会
龍江保育園児とJAつぼみが五平餅づくり 伊賀良小児童が収穫作業 真っ赤なリンゴたわわに
飯田丘のまちフェスティバル

 サブカルチャーとグルメの祭典、「第9回飯田丘のまちフェスティバル」が3日、飯田中心市街地(りんご並木、本町1、銀座1~4、知久町1、中央通り1~2、中央公園)で開かれた。秋晴れの暖かな一日となった天気にも恵まれ、例年以上に多くの人出。回数を重ねるごとに、他にはない「サブカルの祭典」として認知度が高まり、多くのコスプレイヤーが参加し、祭りを盛り上げた。

 フィギュア、コスプレ、痛車・ドールなどのサブカルチャーをはじめ、グルメやお酒など20以上の多彩な催しが一堂に会すイベント。フィギュアが大集合する「インターナショナル・フィギュアマーケット」、南信州のおいしいものが集まる「南信州グルメサミット」、県内25の酒蔵による「南信州酒メッセ」など、いずれのイベントも多くの人でにぎわった。

 また、ことしは中央通り2丁目と追手町小学校講堂が会場に加わった他、「名車展示」、「ちびっ子路上アート」、「ホビーフェスタ」、「ミニ四駆大会」など新イベントも実施。新たなターゲット層や動線が生まれ、これまで以上の人の呼び込みに一役買った。

 伊藤昇同フェスティバル実行委員長は「サブカルチャーの祭典としてイベントが浸透し、その輪がどんどん広がっている。リニア時代を見据え、大都市圏や海外からの誘客も視野に、今後も人が集まるイベントとして発展させていきたい」と話した。

  
生き生きと育む教育紹介 小規模特認校の見学会 上村小 親子90人が魚つかみ 塩沢川で恒例の体験教室 飯田市下久堅
県飯田創造館で下伊那の書展開幕 海外で異文化を体験、根羽村中学生が帰国報告
古代の諏訪と出雲 信州風樹文庫文化講演会
飯田線上伊那全線開通100年 花火打ち上げ ものづくりの成果を競う 阿智一小で伝統のこま回し大会
小学校管楽器交歓演奏会開く 下久堅でコウゾの収穫と皮むき作業
松川北小児童とマダガスカル政府職員が交流 ワークショップ「歌舞伎役者になってみよう」 伝統芸能を次世代へ
「霧氷」幻想的な風景広がる 富士見 合唱から楽器演奏まで多彩に 高校連合音楽会
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧