制服まとめ
高森町内の3小中学校に市田柿提供 山田洋次監督「母と暮せば」12日公開 杵原学校再び映画に
根羽村の小中学校で「夢先生」 五輪出場選手が授業 飯伊の小中学校で終業式
飯伊の小中学校で始業式 下久堅小「自分からあいさつを」 旭ケ丘中学校で入学式
竜丘小学校6年生がはにわ作り 松尾小学校で土俵開き 相撲を通して「まけるな」
上久堅小ですもう週間、学校土俵で「はっけよい」 阿智第三小、育てたニジマス水揚げ 学校近くのマス池で
いいだ森林学校が猿庫一帯でウオーキング 和田小学校で「和田っ子祭り」開催
高森町内の3小中学校に市田柿提供

 高森町市田柿発祥の里活用推進協議会は1日、町内の小中学校3校の給食で特産の干し柿「市田柿」約1500個を提供した。12月1日の「市田柿の日」をPRしようと昨年度に続く取り組み。小学校2校には市田柿誕生を絵本風にまとめた冊子1100部(B4判)を配布した。

 南小の4年2組の教室には同推進協の新井徳二会長や町キャラクター「柿丸くん」らが訪問。「柿を食べて寒い冬を元気に乗り切って」などと呼び掛け、児童たちは1人1個ずつ味わった。

 子どもたちはお礼として、手製の紙芝居「市田柿ができるまで」を披露した。4年生は本年度、市田柿の歴史を学び、紙芝居作りにも挑戦した。朗読した男子児童(10)は「市田柿のことをたくさん知ることができた」と振り返った。

 同推進協と市田柿ブランド推進協議会は市田柿を地域全体で盛り上げていこうと「市田柿の日」を共同で定め、2013年に記念日登録されている。

 新井会長は「若い人の中には食べたことがない人もいる。こういった活動を続けることで市田柿の素晴らしさを認識してもらいたい」と話していた。

  
長谷中が大臣賞 秋の県学校花壇コンクール
美博で「子ども美術学校」作品展開催中
義務教育学校とは : 京都新聞
科学の甲子園、神奈川県代表がV 高校生が学校ごとのチームで競う : 京都新聞
野球部員が盗撮、対外試合禁止 甲子園準優勝歴の京都成章高 : 京都新聞
教員採用に英検加点や現職選考制度 京都府・市教委 : 京都新聞 伝統食をつないで 第12回学校給食フェア
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧