制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
阿智村が総合戦略の計画審議会開く

 阿智村は25日、「阿智村版まちひとしごと創生総合戦略」を話し合う村計画審議会(佐々木重義会長)を開き、地区や団体との懇談を通じて庁舎内のプロジェクトチームなどでまとめた人口ビジョンや総合戦略について意見を交わした。30年後に人口8割を維持するため、子育て支援や移住定住の促進に取り組んでいく。

 「まち・ひと・しごと創生法」に基づいたもので、第5次総合計画(2008~2017年)の検証を経て第6次総合計画の足がかりとなる総合戦略。村内8自治会と11団体との懇談会で意見を集め、村役場内のプロジェクトチームで各分野での検討を進めた中間まとめを作成。計画審議会や議会の審議を経て最終版を策定する。

 人口ビジョンでは、社会保障・人口問題研究所の推計によると2045年の村の人口は4377人で2015年比66%にまで減少。村の人口目標は80%の5356人に設定した。村内6保育園と5小学校を維持するための出生数(年間55人程度)を確保するため、合計特殊出生率を現在の1・7から1・9へ引き上げる他、年間68人の移住者を受け入れる。

 人口目標を達成するためにもう1人産みたくなる子育て支援の他、若者、子育て世代、定年帰農などの世代に応じたUIターン施策、地域ごとの状況に応じた行政の支援、定住者の転出防止などに取り組んでいく。

 総合戦略では▽誰もが暮らしやすい地域▽若者が暮らしやすい地域▽集落の維持▽地域内経済循環の仕組み構築▽自治と協働の村づくり―を基本視点に「しごと」「ひとのながれ」「結婚・子育て」「まちづくり」の4分野で数値目標と具体的施策を盛り込む。

公文書、新監視ポストに強力権限 与党の提言案 : 京都新聞 創造館で下伊那教職員作品展
旭ケ丘中学校で入学式 小学校講師、高級靴盗みメルカリ出品 京都、容疑で逮捕 : 京都新聞
花も笑顔も 宮川小で人権の花を囲む会 県立7高校で前期選抜の合格発表
17年度一般会計黒字決算 東近江市議会に上程 蒲生西小 保護者・教諭らで構成
今年も南三陸へ義援米 県電気工事工業組合東近江支部 教育施設や防犯灯の奉仕作業
情熱注ぎ功績光る 秋の褒章・叙勲 3日に発令 根羽村の雪を愛知県の小学校へ
「華のある阿智高」目指し、サツキとツツジ100本植樹 県内企業の新卒者対象の求人
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧