制服まとめ
松川サッカークラブが30周年記念教室 下條村匠の会が小正月飾り作り 繭玉や餅花14本施設へ
飯田市で消防出初め式 飯田市内16会場で成人式開く
竜東中でヒップホップダンス授業 SOいいだがフロアホッケー交流会
売木小でスケート場開き 泰阜中 クラス対抗百人一首 源平合戦で和歌に親しむ
根羽村が総合戦略素案示す 「人口減少に歯止めを」 矢高調理場が「味噌漬ガール」使った給食提供
阿南一中の空手道授業が終了 厳しい寒さにも負けず 高森町の小学6年生「みらい議会」 積極的に提案し質問も
松川サッカークラブが30周年記念教室

 松川町の松川少年少女サッカークラブは28日、サッカー教室を町民体育館で開いた。クラブの創立30周年記念事業の一環。クラブで活動する小2~6年の児童62人のほか、松川中学校のサッカー部員ら計約100人が参加した。

 同クラブは小学生対象のサッカー教室として1985(昭和60)年に発足し、30年の節目を迎えた。

 クラブOBで、サッカーJ1の横浜F・マリノスでホペイロ(副務)を務めている山崎慎さん、横浜F・マリノスに所属するDF天野貴史、GK飯倉大樹の両選手を講師に迎えた。

 教室は小学校低学(1~4)年、同高学(5、6)年、中学生の3部構成で行い、低学年では遊びの要素を加えたドリブルで体を動かし、ミニゲームに移ると選手たちと一緒に汗を流した。子どもたちは夢中になってボールを蹴り込み、ゴールが決まると両手を広げて喜んでいた。

 記念事業実行委員長の堀木正良さんは「Jリーガーと触れる良い機会。選手の動きを肌で感じ、今後のために多くを吸収してほしい」と話した。

  
治部坂高原に秋の彩り 21、22日に「もみじまつり」 阿智村浪合 伊那西小のミヤマシジミ保全活動 2日発表会
中学生が作ったラー油・長谷の太陽 一般販売 先生たちが白熱プレー 諏訪郡市バスケ大会
竜峡中学校2年生が遊歩道散策
治部坂高原もみじ並木がライトアップ 天龍村どんぐり学園が味噌づくり
ボッチャで豊かな心を 母校に寄贈 台風16号、311世帯に避難勧告 路肩の崩落や土砂流出も
ごぼとん丼「おいしい」 松川中卒業生に振る舞う
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧