制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
原村ペンションビレッジに新風 開店準備進む ザリガニ新品種を 東海大諏訪高生の水野さん
さらなる飛躍で東京五輪へ 八日市と飛行場にスポット 企画展「戦時下の村と陸軍飛行場」
障害者権利条約を知ってもらう

=きょうされん 絵本35冊を東近江市に=

絵本を市川教育長に届けたきょうされん関係者――東近江市役所で――

◇東近江
 「きょうされん」に所属している東近江市内の社会福祉法人蒲生野会と社会福祉法人八身福祉会、社会福祉法人あゆみ福祉会の三法人は、二〇〇六年十二月に国連で採択された「障害者権利条約」を紹介した絵本『えほん障害者権利条約』三十五冊を市へ寄贈した。その寄贈式が二十一日、教育長室で行われ、同法人関係者から市川純代教育長へ絵本が手渡された。
 同条約は、今年十一月現在、百六十カ国が批准している。日本では二〇一四年一月に批准し、障害を理由とする差別の解消を推進することを目的に「障害者差別解消法」が、来年の四月に施行される。
 今年五月に発売された同絵本は、権利条約の誕生から目指すべき社会までを分かりやすい絵とともに綴っており、子どもたちにも親しみやすい内容で大きな反響を呼んでいる。
 あゆみ作業者施設長の寺川登さんは、「まだまだ障害者分野の者しか知っていないのが現状です。市内の子どもたちに読んでもらい、小さいときから障害者のことを知ってもらいたい。教師や大人の方までたくさんの人に読んでもらえたら」と話し、受け取った市川純代教育長は「子どもたちのために活用させてもらいます。ありがとうございます」と感謝した。
 あゆみ作業所で働く寺田則子さん(59)も寄贈式に同席し、駅にエレベーターが設置されたことなどを例にあげて、「条約のおかげでいろいろな所に出かけることができた。けれど、まだまだ工賃が安いので、これから良くなっていけば」と話していた。
 絵本は、市内の小中学校、八日市養護学校に配られる。


スポーツ団体の在り方検証 不祥事続発で自民行革本部 : 京都新聞
里山デジカメ選手権 グループで表現 社説:児童虐待13万件 地域で相談所支えよう : 京都新聞
雨にも負けず力走する高校生ランナーたち ふかふか芝生の運動場 元気あふれる競技
授業中に女児にわいせつ疑い 担任の小学校教員逮捕 : 京都新聞 都会にない田舎の豊かさ「子ども農山漁村交流プロジェクト」
わがまち協働大賞 給食の「ソフトめん」、家庭用でも販売
「虚子・こもろ全国俳句大会」
運動場に屋根付き施設設置へ 米軍ヘリ窓落下の小学校 : 京都新聞 記録映像の祭典
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧