制服まとめ
富草小6年が食彩館のパンフ作成 阿智第二小の作品が日本キルト大賞で入選
飯田市山本で国際ふれあい交流会 お練り出演3団体が合同講演会
県立7高校で前期選抜の合格発表 天龍村どんぐり学園が味噌づくり
下伊那教育音楽研究会が第38回発表演奏会 天龍村で47回目の梅花駅伝 125チームがたすきつなぐ
南信州民俗芸能の継承推進へ 協議会が初のフォーラム 友好都市でスキー研修 豊山中生徒が阿智を訪問
旭中1年生が学習発表会とコンサート 1年間の成果と感謝を 省エネを分かりやすく 松川町中央小で出前エコ教室
富草小6年が食彩館のパンフ作成

 阿南町の富草小学校6年生17人が、昨年4月国道151号沿いにオープンした町の地域連携販売力強化施設「あなん食彩館」のパンフレットを作成した。総合的な学習の時間を使って何度も同館を訪れ、インタビューを重ねながら「見てもらう」パンフレットの作成に熱心に取り組んだ。

 「地域の魅力発信」をテーマに取り組む総合学習で、学校近くに開業した食彩館にパンフレットがないことを知り、担任の教諭(27)の提案もあって子どもたち目線の分かりやすいパンフレット作りが始まった。

 10月からの国語の授業でパンフレットの基本的な作り方を学び、4班に分かれて施設関係者へのインタビューを実施。熊谷文夫代表や直売所に出荷している生産者に直接話を聞き、食堂「まかない屋」やパン工房の味を確かめ、写真撮影も行った。学校に戻ってからは特徴や営業時間など得た情報を整理して、2カ月ほどで完成させた。

 「手に取ってもらえるような読みやすいデザインに工夫した」と女子児童(12)。商品の写真や施設の場所を地図で掲載し、「地域活性化のために建てられました」「地元のお母さんたちが心を込めて手作りしています」などと紹介した。パンフレットは同施設内に設置されており、男子児童の一人(同)は「言葉に合った写真を撮るのが難しかった。いろんな人に見てもらいたい」と話した。

 教諭は「目的意識を持って、自分たちで考えながら一生懸命取り組んでくれた。地域の支えも実感できたと思う」と振り返り、栗林久訓校長も「地域との関わりを持ち、知るきっかけになった。良い学習ができたのでは」と話した。

  
下農高でパラ五輪代表の壮行会 上村小で複式学級の授業公開
女子短大が中高生対象の福祉体験会 「おいしくできたよ」 浜井場小2年生が赤飯まんじゅう作り
阿南町議会が「休日議会」開催へ 「進路選択肢の一つに」 地元企業30社、OIDE長姫で展示説明会
かみいな地域シゴト・業界研究S 東京で来月 飯田市内でも1人が死亡 インフルエンザ集団感染で
JAが受験生応援新商品を発売へ 矢澤兄妹の健闘願い 西中と庁舎に応援幕 リオ五輪カヌー出場
2018年12月01日付 天竜川天竜橋付近で水生生物調査
学校の防災教育考える 諏訪季節大学会講座 飯田医師会、在宅医療の受容力調査を市に提案 理事者間懇談会
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧