制服まとめ
天龍村どんぐり学園が味噌づくり 下伊那教育音楽研究会が第38回発表演奏会
天龍村で47回目の梅花駅伝 125チームがたすきつなぐ 南信州民俗芸能の継承推進へ 協議会が初のフォーラム
友好都市でスキー研修 豊山中生徒が阿智を訪問 旭中1年生が学習発表会とコンサート 1年間の成果と感謝を
省エネを分かりやすく 松川町中央小で出前エコ教室 阿智高地域政策コースが成果発表 実習通じて人材育成を
「強豪の天龍」を再び 11年ぶり剣道クラブ復活 木沢小でゆっくりしようの会 和田小が住民ら迎え
飯田女子高 県内初のラグビー同好会発足へ じっくり選んで“パクリ” 龍江小児童がイチゴ収穫体験
天龍村どんぐり学園が味噌づくり

 天龍村向方のどんぐり向方学園の小中学生14人が18日、校内で味噌づくりを体験した。自分たちで栽培した大豆を素材に、近隣住民から借りた装置などを使ってつぶし、塩やこうじと混ぜ合わせた。

 学校発足当時から続けている恒例の食育活動の一つ。ことしも学校近くの畑で栽培した10キロ超の大豆を使った。

 大鍋に入れて約3時間煮た後、作業を本格化させた。

 手動の大豆潰し機に豆を入れると、生徒たちは順にハンドルを握ってぐるぐる回し、ミンチ状になって出てくる大豆を大きなたらいで集めた。

 こうじや塩と混ぜる作業では、「しっかり混ぜないと、発酵が行き届かない」ことなどを学びながら、手作業で丁寧に混ぜ合わせた。

 樽に入れて2―3カ月ほど寝かせて発酵を待ち、春から給食の味噌汁などに使って食べる。

 初めて体験したという小学校5年の男子児童(11)は「大豆栽培も味噌づくりも初めてだったが、とても楽しくできた」と話していた。

 「自ら動く子を目指して」の学校目標の下、農業や自然体験、地元住民との触れ合いを通じて「生きる力」を培う教育を進めている同学園。味噌づくりも、毎年恒例の行事として定着している。

  
喬木村社会福祉協議会が紙芝居制作 手工芸や産直市 13、14日におてんとさんぽ
天龍村で5町村の協力隊員が研修会 阿南町で2工事の安全祈願祭
正しい姿勢で 赤穂小で学校保健委員会
故郷飯島町の小学生にリコーダー贈り38年
王座獲得に闘志燃やす 女子ボクサー 飯田市出身の小平選手 カボチャランタン作ろう 諏訪地区P連
水引の魅力伝える 飯田水引PJが福島でワークショップ
商店街に居場所 伊那市「子どもカフェ」
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧