制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
天龍村どんぐり学園が味噌づくり

 天龍村向方のどんぐり向方学園の小中学生14人が18日、校内で味噌づくりを体験した。自分たちで栽培した大豆を素材に、近隣住民から借りた装置などを使ってつぶし、塩やこうじと混ぜ合わせた。

 学校発足当時から続けている恒例の食育活動の一つ。ことしも学校近くの畑で栽培した10キロ超の大豆を使った。

 大鍋に入れて約3時間煮た後、作業を本格化させた。

 手動の大豆潰し機に豆を入れると、生徒たちは順にハンドルを握ってぐるぐる回し、ミンチ状になって出てくる大豆を大きなたらいで集めた。

 こうじや塩と混ぜる作業では、「しっかり混ぜないと、発酵が行き届かない」ことなどを学びながら、手作業で丁寧に混ぜ合わせた。

 樽に入れて2―3カ月ほど寝かせて発酵を待ち、春から給食の味噌汁などに使って食べる。

 初めて体験したという小学校5年の男子児童(11)は「大豆栽培も味噌づくりも初めてだったが、とても楽しくできた」と話していた。

 「自ら動く子を目指して」の学校目標の下、農業や自然体験、地元住民との触れ合いを通じて「生きる力」を培う教育を進めている同学園。味噌づくりも、毎年恒例の行事として定着している。

交流・教育の輪が広がり深まる! カンボジア児童の絵画52点 豊橋動物園におきよめの湯
大阪で震度6弱、3人が死亡 けが240人超、交通網まひ : 京都新聞 初の子ども会議へ準備 諏訪市内の小中学生
愛林作業に100人が参加 愛知川河畔林を整備 自衛官候補生ら男女3人逮捕 男性を殴る蹴る、現金奪った疑い : 京都新聞
ギネスに挑む!世界最大モザイク 女児暴行疑いの元校長不起訴 臨海学校施設の指導員 : 京都新聞
能登川中学校三年生の「卒業制作展」 飯田高校で全日本高校書道コン作品展
まつりの醍醐味を再現 寸劇通し認知症の人への接し方学ぶ 湊小
9団体に助成金贈呈 グリーンピース基金運営委員会 明治以来の盲学校、工夫脈々 京都、触って学ぶ教材へ情熱 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧