制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
天龍小児童がブッポウソウ巣箱づくり

 天龍村立天龍小学校(熊谷三枝校長)のみどりの少年団を構成する3~6年生15人が8日、4月下旬から5月上旬に掛けて飛来してくる渡り鳥、ブッポウソウの巣箱づくりを行った。手作りで10個作成し、9日に村内各所に設置して営巣、繁殖を手助けする。

 巣箱づくりは、東南アジアから渡ってくるブッポウソウの保護を目的に、1998(平成10)年から毎年行っている。

 ことしから3年生も加わったみどりの少年団。3人一組のグループをつくり、飯伊森林組合や村職員も手伝いながら6枚の板を組み合わせ、高さ30~40センチの巣箱を完成させた。

 児童たちは交代でくぎを打ったり抑えたりして、協力し合いながら作業を進めた。3回目の巣箱作りとあって、手慣れた手つきで取り組んだ6年生の児童(11)は「去年のように、ことしもブッポウソウに営巣してもらいたい」と話した。

 ブッポウソウは天龍村の村鳥で、県の特別天然記念物にも指定されている希少種。近年は5月の大型連休付近で同村に渡り、各地の巣箱などで営巣する。

 金緑色に輝く美しい姿が特徴で、児童たちは毎年、飛来した直後から観察を行い、渡り去った後には巣箱を集めて鳥の繁殖状況などを調査している。ことしは23個の巣箱を村内十数カ所に設置する予定だ。

飯田市街地でりんごん開く 東近江から数組が全国大会へ 若き隊員150人が鍛錬披露
2018年10月16日付 教員採用試験で出題ミス 滋賀県教委、合否に影響なし : 京都新聞
能登川中学校三年生の「卒業制作展」 愛媛職員らの官邸訪問を事前連絡 文科省、内閣府メール確認 : 京都新聞
愛鳥週間ポスター全国審査 「自分のペースでやり抜いて」千葉真子さん迎え陸上教室
島小6年生 ゴマ団子づくりに挑戦 社説:お茶大の改革 「心の性」に門戸開いた : 京都新聞
戦争のない世界の実現へ 夢や願いなど堂々と
7年ぶり5000億円超の本格型 県の新年度当初予算案 支援事業計画(案)を答申 4月から計画実施
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧