制服まとめ
天龍小児童がブッポウソウ巣箱づくり 満開の桜に笑顔広がる 高森南小で「お花見給食」
信玄公がつないだ縁 命日に栗の木を植樹 根羽村横旗 短文に安全の願い込め 富草小交通少年団がレター作戦
黒田人形浄瑠璃奉納公演を開催 松川北小児童とマダガスカル政府職員が交流
上郷小3年生がリンゴ栽培学ぶ 大鹿リニア対策委で住民説明会
雨天でも元気に遊びや工作 飯田子どもまつり ふるさと就職ガイダンスを開催
「親子でネットの約束を」 三穂小PTAが参観日に話し合い 花と緑あふれるまちに 飯田都市緑化祭
天龍小児童がブッポウソウ巣箱づくり

 天龍村立天龍小学校(熊谷三枝校長)のみどりの少年団を構成する3~6年生15人が8日、4月下旬から5月上旬に掛けて飛来してくる渡り鳥、ブッポウソウの巣箱づくりを行った。手作りで10個作成し、9日に村内各所に設置して営巣、繁殖を手助けする。

 巣箱づくりは、東南アジアから渡ってくるブッポウソウの保護を目的に、1998(平成10)年から毎年行っている。

 ことしから3年生も加わったみどりの少年団。3人一組のグループをつくり、飯伊森林組合や村職員も手伝いながら6枚の板を組み合わせ、高さ30~40センチの巣箱を完成させた。

 児童たちは交代でくぎを打ったり抑えたりして、協力し合いながら作業を進めた。3回目の巣箱作りとあって、手慣れた手つきで取り組んだ6年生の児童(11)は「去年のように、ことしもブッポウソウに営巣してもらいたい」と話した。

 ブッポウソウは天龍村の村鳥で、県の特別天然記念物にも指定されている希少種。近年は5月の大型連休付近で同村に渡り、各地の巣箱などで営巣する。

 金緑色に輝く美しい姿が特徴で、児童たちは毎年、飛来した直後から観察を行い、渡り去った後には巣箱を集めて鳥の繁殖状況などを調査している。ことしは23個の巣箱を村内十数カ所に設置する予定だ。

  
天龍中 初夏告げるプール開き 高森北小学校で終業式開く
浜井場小2年生が手染め作業体験 環境や健康に関心 諏訪市でエコフェスタ
飯田養護学校「あじまっ鼓」が演奏会 オケ友音楽クリニックの事前練習始まる
飯伊の小中学校で終業式 県内小中学校教職員 超過勤務が減少傾向
熊の目撃情報受け熊よけ鈴配布 南信州新聞社が募集した義援物資を大曲小学校へ
ブッポウソウ研究にGPS装着
大きなマツタケに驚き 喬木第二小が収穫体験 いっぱいの感動と笑顔を いいだ人形劇フェスタが開幕
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧