制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
竜東中生徒がリンゴの摘果作業体験

 飯田市立竜東中学校の全校生徒72人が18、19の両日、飯田市千代・千栄地区内の9農園でリンゴの摘果作業を体験した。

 1977(昭和52)年から毎年行われている伝統的なキャリア学習で、果樹園に貢献しながら郷土を知り、広く地域社会を見る目を養うことなどを目的としている。

 当初はナシの袋かけをしていたが、その後リンゴとナシの摘果になり、下村と八ノ倉、毛呂窪、法全寺、山中の果樹農家が受け入れている。

 塩澤俊司さんのリンゴ農園には8人が訪れ、50アール分を2日かけて摘果。作業台に登るなどして、はさみで余分な実を摘み取った。

 3年生の女子生徒の一人(14)は「地道な作業。量も多くて大変だけれど、終わった後の達成感がいい」と話した。

 中学生を長年受け入れている塩澤さんは「農家が減ったこともあって、昔と比べるとやり慣れていない生徒が増えたという印象を受けるが、そんな中で一生懸命やっている」と意欲をたたえた。

来年度用県愛鳥週間ポスターコンクール 冬の津波を想定し避難訓練 北海道釧路市、歩道は凍結 : 京都新聞
生態や対処クマ学ぶ 小学校でICT活用授業 飯伊地区包括医療協議会が「医師等確保対策委員会」設置
上郷小3年生が選果場で「収穫後」見学 新成人大凧大空へ
野生のクロメダカ 14校に200匹贈る 阿智村がラッピングバス完成披露式
「京都盲唖院」関係資料、重文に 国内初の公立支援学校 : 京都新聞
危険から子どもを守る 緊急通学路点検 13、18歳の麻しんの予防接種を
逃走、車盗んだ容疑でも指名手配 受刑者の男、学校に刑務官配置 : 京都新聞 左京・修学院などに避難指示 京都市 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧