制服まとめ
飯田市と渋谷区の緑化体験交流 阿南町・売木村4小児童が初の交流授業
松尾市政懇 産業道路の活用へ再提案 外国にルーツ持つ若者集いBBQ交流会
「2学期もいい思い出を」飯伊各地で1学期終業式 飯田もポケモンブームに
川本館で世界の人形劇ポスター展 よこね田んぼで「案山子コンテスト」
外国籍者に進学ガイダンスを開く 飯伊伝統野菜フェアが好評、成長を促す技術も進歩
海外で異文化を体験、根羽村中学生が帰国報告 松尾公民館、夜間ソフト連盟が40周年
飯田市と渋谷区の緑化体験交流

7.17下久堅で渋谷の森交流 飯田市と東京都渋谷区の緑化体験交流「しぶやの森を育もう」が16、17の両日、同市下久堅柿野沢地区で開かれ、都心の親子ら28人が参加した。森の下草刈りやまき割りなどの作業を通じて南信州の自然に触れ、地域住民との交流を楽しんだ。

 渋谷の区立中幡中学校が十数年続けてきた森林づくりを引き継ぎ、2009年から毎年開いている。

 舞台となる「どんぐりの森」を、10年度からは「しぶやの森」と位置付けて多様な体験交流を展開。今回はこれまでに植樹したドングリの苗木や育っている林一帯に生い茂った下草を刈る作業をした。

 最初に住民たちから鎌の使い方を教えてもらい、四方に散らばって作業。大人たちが伸びた下草を根元から刈り、子どもたちがそれを集めてまとめた。

 小学生たちは、バッタやテントウムシなどを見つけて大はしゃぎ。両手を伸ばして捕まえると、大切そうに虫かごに入れていた。

 作業の他、郷土料理の五平餅を囲んだ交流会なども楽しんだ。

 しぶやの森は、多様な生き物を養う里山にすることを目指し、参加者と地元住民とで管理している。

 管理人の宮内雅さん(60)は「渋谷のみなさんに古里の自然の魅力を伝えながら、自分たちも再確認する大切な機会。今後も続けていきたい」と話していた。

  
居酒屋公民館を体感 伊那市横山で交流ツアー 全国高校文芸コンク入選 伊那西高の浦野さん
「わたしたちの阿南町」10年ぶりに改訂 社会科地域学習資料
飯伊のブロック塀、4校4カ所倒壊の恐れ いずれも撤去改修方針
動植物の生態学ぼう 和田小にビオトープ完成
マイコンカーラリー全国大会 ∨目指す駒工生
小中連携・一貫教育 竜峡中学校区で体験入学 子ども美術学校作品展
不登校の小中生居場所づくりに「適応指導教室」 京都・南丹市 : 京都新聞 伊賀良小学校でリンゴの収穫祭開く
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧