制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
飯伊各地で始業式 2学期をステップに

提出物を確認する児童(阿智第三小で)

 飯田下伊那各地の小中学校で、2学期の始業式が行われている。夏休みを終えた児童生徒たちは元気に登校。1年で最も長く、運動会や遠足、マラソン大会などたくさんの行事が行われる2学期をスタートさせた。

 阿智村智里の同村立阿智第三小学校(水出一寛校長、児童数49人)は、飯伊で最も早い18日に始業式を実施した。

 水出校長は、子どもたちと夏休み中の行事を振り返るとともに、学校生活をオリンピック陸上競技の三段跳びに例え「2学期はジャンプの決め手になるステップの時期。1学期に頑張ってきたあいさつと返事をしっかりやってほしい」と語った。

 また「ちいさないじめもゆるさない」「さっとのばそうやさしい手」「ともだちよぶとき『さん』と『くん』」の頭文字を取った伝統的な学校目標「ちさと」を取り上げ「いやな気持ちになった時に思い出し、この言葉を忘れないよう頑張って」と呼び掛けた。

 始業式に続いて、各クラスで宿題や提出物などを確認。担任と一緒に夏休み中の生活について振り返っていた。

 飯田教育事務所によると、この日飯伊で始業式を行ったのは同校と大鹿小、松川中央小の3校。22、23日を中心に、18―29日にかけて全小中学校が2学期を迎える。

県が新年度人事異動内示 いじめや防災への組織拡充 民家近くにクマ出没、高森町山吹で1頭を射殺
設立10周年は「新鮮MIO」MIOびわこ滋賀 野球部の活躍を願って
美博で子ども美術学校作品展開催中 富士見高校に分教室 諏訪養護学校の高等部
京都・北区大宮学区などに緊急避難指示 : 京都新聞 みんなの畑が命を守る 減災対策に独自の工夫
小学校に模擬会社設立、地元産の商品開発 京都・亀岡 : 京都新聞 11月2日に県庁で中卒程度学力認定試験
学生証偽造容疑でベトナム人男逮捕 通学定期買い売りさばく : 京都新聞 川路の一球が県・市とアダプト協定
教諭が顔面を蹴り、小6男子骨折 北九州、指導に従わないと : 京都新聞 源氏物語、朗読と雅楽で 京都のサークルと市立芸大、21日上演 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧