制服まとめ
高森町で「市田灯籠流し」 光の共演に歓声上がる 女子短大が中高生対象の福祉体験会
飯田西中1年生が民泊農業体験学習 泰阜中生徒が職場体験キャリアデー
OIDE長姫生徒が職場体験 大鹿・下條歌舞伎が競演 地芝居を一堂に楽しむ
泰阜村でロードレース大会開催 ランナー900人が駆ける 阿南一中、赤ちゃんとふれあい体験 世話通じて命の尊さ学ぶ
飯田市、一斉にシェイクアウト訓練 地震発生「身を守れ」 武田信玄のろしを今に 伊那谷から甲府へリレー
飯田市が総合防災訓練を実施 川路の一球が県・市とアダプト協定
高森町で「市田灯籠流し」 光の共演に歓声上がる

市田灯籠流し

 高森町下市田の天竜川で18日夜、伊那谷に晩夏の訪れを告げる伝統の風物詩「市田灯籠流し」(町観光協会主催)があった。約3000発の花火が夜空を焦がすと見物客から大きな歓声が上がり、川面には250基の幻想的な灯籠の光がゆらゆらと流れた。

 水難事故で亡くなった人をしのんで大正時代に始まり、93回目。

 午後6時半すぎ、天竜川に架かる明神橋のたもとで僧侶が読経する中、火がともされた灯籠は岸から静かに送り出された。

 灯籠は、桑の枝を支柱にするなど、地元出砂原(ださら)自治会の手作り。新盆を迎えた家では故人の戒名を記した和紙を貼った。高森中学校美術部の生徒が絵付け作業に加わり、ことしは新たに町職員も寄せ書きした。

 午後7時、花火の打ち上げが始まると祭りは最高潮に。尺玉やスターマインが次々に打ち上げられ、両岸を埋めた多くの見物客は晩夏の風情を味わった。

 明神橋周辺には多くの出店が軒を連ね、浴衣姿の家族連れなどが晩夏のイベントを楽しむ姿も見られた。

 花火の打ち上げを前に、駅前広場では和太鼓グループが日頃の練習の成果を披露。子どもたちのちょうちん行列やみこしもあり、にぎわいを見せた。

 下市田6区・出砂原自治会長の酒井渉さんは「雨を心配したが、例年どおり開催することができほっとしている。伝統ある手作りの祭りを、今後も皆さんの協力で盛り上げていきたい」と話していた。

  
絵からイメージ膨らませ 竜東中生が春草の鑑賞学習  美博で「子ども美術学校」作品展開催中
新野小学校でそば打ちと収穫祭開く
ミヤマシジミから自然考える 伊那で環境展 LED輝く駅前広場 JR下諏訪駅
正月遊びで交流 北山小に台湾の小学生来校
総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現 いじめ対応が不適切と提訴、奈良 小学女児、市に賠償請求 : 京都新聞
准看護師強殺、遺族「極刑望む」 裁判員裁判で母親と姉が意見陳述 : 京都新聞 伊那西小の林さんが入賞 全国児童画コンク
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧