制服まとめ
桜谷小に新遊具「ターザンロープ」など完成

=遊びを通した交流の場=

グラウンドに完成した木製遊具「流木渡り」

◇日野
 日野町立桜谷小学校(同町佐久良)でこのほど、木造遊具の完成式が行われた。
 式には藤澤直広町長、今宿綾子教育長をはじめ、日野ライオンズクラブ、同窓会、PTA、ほっとけん隊などの代表が出席、児童九十一人とともに新しい遊び場の完成を祝った。
 「夢の森」と名付けられた同校裏山にはすでに、保護者や卒業生などが協力して設置した巨大滑り台やアスレチックなどの遊具があるが、中には古くなって使うことができなくなったものもあることからボランティア団体のほっとけん隊(小森慶一隊長)が平成二十六年から改修計画を進め、今年度の「一般コミュニティー事業助成金補助」として町から二百七十二万円の補助を受けて追加整備した。


裏山の「夢の森」に完成した「ターザンロープ」

 新しく設置された遊具は、裏山の「ターザンロープ」とグラウンドの「流木渡り」。
 式後、児童たちは早速、遊具にぶら下がって、チャレンジしたりして遊び、歓声を上げていた。
 古澤弘校長は「年代を越えた児童たちの交流ができる遊び場は、いたわりや友情を育てる場にもなると思います。児童たちにはよい思い出の場になることを願っています」と遊ぶ児童を見守っていた。


昨年の人権侵犯新規救済 暴行・虐待、増加傾向
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧