制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
清内路小、「表現活動の日」を実施

交流を深め表現力を高める

 阿智村立清内路小学校で22日、「表現活動の日」が行われた。全校児童22人が全国各地から訪れた若者ら11人と、歌やダンス、遊びなどで交流し、表現力とコミュニケーション能力を高めた。

 全国各地でミュージカルプロジェクトなどを手掛けるNPO法人コモンビート(東京)による学校訪問活動。グローバル化が進む中、多様な価値観を尊重する姿勢や自身の文化や意見を表現する力を育むことを目的にしている。松川町出身でコモンビート理事の北原太志郎さんを通じて清内路と以前から交流があり、学校訪問はことしで5年目を迎えた。

 コモンビートのメンバーは東京や名古屋、大阪など全国各地から集まった20―30代が中心。児童と大きな声であいさつするとアイスブレイキングで交流した。

 互いに自己紹介をしてハイタッチをしたり、2人1組になって一方が目をつぶってもう一方が手を引いて誘導したりと、体を動かしながら緊張をほぐした。

 続いて、指先に息を吹きかけたり、体育館の端と端に分かれて声を掛け合ったりしながら声出しを練習。歌やダンス、外国語での歌などで楽しく表現を行った。

 コモンビートとの交流で清内路側の窓口になってきた原和信さん(59)は「始めた当初は恥ずかしがっていた子どもたちも、毎年続けるうちに最初から大きな声で自分を表現ができるようになってきた」と喜んでいた。

高森で明大マンドリン倶楽部の演奏会
「学校休んでも良い」理念どう具体化 フリースクール連携に課題 : 京都新聞 表彰台を目指せ 健闘に期待全国中学生体育大会・激励会
風越高の文化祭でカンボジア支援 龍江小児童が今田平で収穫体験 甘いイチゴ頬張る
免許更新時の虚偽回答で追起訴 大阪の聴覚支援学校死傷事故 : 京都新聞 前川前次官の証人尋問認めず 福岡地裁、朝鮮学校の無償化訴訟 : 京都新聞
書からひも解く日中文化 喬木村のドーム菊園で菊まつり開催中
よこね田んぼで案山子コンテスト 生ごみたい肥でゴーヤ栽培 「緑のカーテン」でエコ生活
SOプログラムの小学生フロアホッケー交流会 2018年8月18日付
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧