制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 70歳のスイマー 世界記録に挑戦
さらなる飛躍で東京五輪へ 八日市と飛行場にスポット 企画展「戦時下の村と陸軍飛行場」
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 いと基地に遊びにおいで!ふしぎな「いと」でつながる場
2019輝け!期待のアスリート 新春インタビュー 西田竜王町長に聞く
第10回JKJO空手道選手権大会

=県代表の入賞選手が知事訪問=

左から平岩さん、上田さん、三日月知事、永喜さん、村田さん

◇県
 第十回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会で優勝、準優勝などに入賞した県代表四選手がこのほど、三日月大造知事に報告するため県庁を訪れた。同大会は、フルコンタクト空手(直接打撃制ルール)の大会で、主催は一般社団法人JKJOフルコンタクト委員会、後援はJKJO全日本空手審判機構。
 この中で上田愛琉さん(彦根市立城南小5)=小学五年女子三十五キロ未満優勝=は来年の抱負として「来年も優勝したい」、平岩明玲さん(東近江市立御園小6)=小学六年女子四十キロ未満準優勝=は「中学になっても一つでも勝てるようがんばりたい」、永喜拓海さん(大津市立北大路中学校三年)=中学男子四十五キロ未満ベスト8賞=は「来年は優勝に一歩でも近づきたい」、村田柊二さん(県立野洲高2)=高校男子七十キロ未満優勝=は「後輩を指導できるようになりたい」と語り、三日月知事は「ケガをしないように、目標を到達できるようがんばってください」と励ましていた。


楽しく学び、新たな一歩 レイカディア大学受講募集 「ヘイトに毅然と対応」地検判断を評価 朝鮮学校側弁護団 : 京都新聞
郷土関連図書を紹介する リーフレットを作成、配布 医療的ケア児急増、制度追いつかず 支える仕組み必要 : 京都新聞
八日市南高の生徒と学ぶ 実習体験授業「農業塾」開講 戦後70年 資料で回顧 平和が奪われた日常
花咲きまま 通信制高校、鍵はつながり 多彩な授業、関係づくり : 京都新聞
野党、森友問題別文書の存在追及 書き換え疑惑で国会紛糾 : 京都新聞 インターハイでの活躍誓う 滋賀学園 前野選手
みんなの畑が命を守る 減災対策に独自の工夫 県政NOW 全国学力テスト 46位をバネに挽回!
県下初、9冠達成 八幡商高の柴田さん 拉致集会、地村保志さん心境語る 「積極的に活動取り組む」 : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧