制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
平谷村長選、17日告示 12年ぶりの選挙戦へ

立候補を予定している小池一広氏(左)と小池正充氏

 任期満了(2月4日)に伴う平谷村長選挙は17日、告示される。立候補を表明しているのは現職3期目の小池正充氏(74)=平松=と新人で農業の小池一広氏(61)=柳平=の無所属2人。村を二分した選挙戦へ突入する。

 現職の小池氏は下農高卒業後、村農業共済組合、平谷カントリー倶楽部を経て村議会議員となり2005年村長選で初当選。続く2期目、3期目は無投票で当選した。村の財政健全化に努めるとともに、中学校の阿智への統合や小学校校舎建設などを手がけた。

 新人の小池氏は日本大学法学部卒業後、村役場職員となり、総務課長、住民課長、産業建設課長、教育課長などを歴任。スキー場建設などに尽力した。12年に退職し、前回村長選挙にも立候補の意向を示したが血縁者同士の選挙を望まない声を聞き取り止めた。

 同村の有権者数は16日現在で379人(男性169人、女性210人)。選挙戦となるのは2005年以来12年ぶり。投開票は22日。選挙会に引き続いて当選証書を交付する。

深まる秋に向けて衣替え トレース技能検定文科大臣賞 団体・個人で受賞の快挙
豪雨、小中270校が被災 京都など18道府県で浸水、文科省集計 : 京都新聞 高校生が五輪ボランティア語る 20年東京に向けサミット : 京都新聞
歴史と伝統つなぐ たいまつエキシビション 地産地消で三方よしへ「“食べる”を考えるつどい」
薬物「ダメ。ゼッタイ。」大学生ら乱用防止訴え 京都 : 京都新聞 【寄稿】滋賀県議会議員 加藤 誠一
佐川氏の虚偽立証に高いハードル 改ざん不起訴へ、大阪地検特捜部 : 京都新聞 地震で休校、4府県で1268校 大阪府や文科省集計 : 京都新聞
歴史講演会 3教授が講演 規律、連携、技能 ポンプ操法訓練大会
役職員からの7万7千円 こどもたちの未来に 諏訪湖よさこい28団体800人演舞 岡谷
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧