制服まとめ
高森北小4年生がホタルの幼虫放流 県飯田技専校で技能フェスタ開催
大鹿小6年生が工事現場銘板に文字 愛知県豊山中生徒が阿智でスキー合宿
和田小6年生が此田神楽を披露 伐採のお礼に舟下り体験
フクシマを忘れない 飯田で脱原発、再稼働反対のデモ りんご並木に行幸啓の記念碑建立 天皇陛下のご発言も刻む
春の天龍峡観光楽しんで 天竜ライン下りの川開き ひさかた和紙、節目の紙すき体験会 作業場建て替えで中断へ
自作の資料で動物園ガイド 追手町小4年生 水引の魅力伝える 飯田水引PJが福島でワークショップ
高森北小4年生がホタルの幼虫放流

002hotaru

 高森町の高森北小学校4年生21人が6日、学校で育てたゲンジボタルの幼虫を同町山吹にあるホタルの名所「天伯峡」に放流した。例年だと6月中旬にホタルの舞う姿を確認できる。6月には恒例「ほたる祭り」が開催される予定。

 児童たちは大事に育てた幼虫と、幼虫のえさとなるカワニナを紙コップに入れ、幅1メートル、長さ約50メートルの専用水路に一斉に流した。岩崎未花さん(10)は「夏に飛んでいるホタルを見るのが楽しみ」と期待を込めた。近くの山吹保育園の年長園児18人も参加した。

 天伯峡を流れる寺沢川一帯は、古くからゲンジボタルの生息地として知られる。

 山吹の住民有志でつくる天伯峡ほたる管理委員会が寺沢川近くに専用水路を設けるなどホタルの生息環境を維持・管理し、毎年北小の協力で幼虫を放流している。

 管理委は昨年、6月下旬から7月にかけて母ホタルを採取し交配、産卵の後、10月上旬に3~5ミリの幼虫約500匹を北小に届けた。同校では例年通り、4年生が飼育を担当。当番制で幼虫が入った容器の水を入れ替えた。約5カ月間にわたって管理し、幼虫は大きいもので3センチになった。

 放流した幼虫は4月下旬から5月上旬にかけて上陸し、地中に繭を作り40日ほどでサナギになる。その後、10日ほどで羽化。管理委によると、6月10日前後から舞い始め、同20日~25日にピークを迎えそうだ。

 管理委員長の水野和男さん(72)は「子どもたちの協力で今後も、ホタルが生息する環境づくりを進めたい」と話した。

  
OIDE長姫原動機部 4大会連続で2冠の快挙 高校エコカーレース大会
児童考案「ど真ん中ラーメン」 全部作ります 松川北小がコイのつかみ取り 学校田に放流
第12代「大鹿さくらの女王」決定 再会喜び決意新た 下伊那4町村で「正月成人式」
阿智高校が学生向け体感授業開く 喬木第一小と第二小で遠隔合同授業
笑顔の花束を胸に 県福祉大学校で卒業式 治部坂高原に秋の彩り 21、22日に「もみじまつり」 阿智村浪合
玉ネギや栗でシルク染め講座 岡谷蚕糸博物館 子どもガイドがおもてなし 麻績の里桜まつり 飯田市座光寺
天竜川和船文化保存会が造船見学会
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧