制服まとめ
根羽村が新たな義務教育学校導入へ 危険なため池 ハザードマップ、県内3割のみ
地元の特産品を知る はちまんいっぱい汁 来月アイスキャンドル 城南小1年生が制作
茅野市台湾交流事業 新たに1校と姉妹校提携 松川町3小中学校でコスタリカ料理給食
転職希望者もOK!2月17日 合同就職面接会 「鳰の会」を講師に児童が俳句づくり
学校給食で利用拡大 酪農家のおもてなし牛乳 半世紀の足跡を俳画集に 小口俶さん刊行
音楽コンク日本一 箕輪中部小と箕輪中 ツリーハウスをCFで 飯島中1年1組が挑戦
変化に対応できる運営を 飯田医師会が臨時総会

飯田医師会の臨時総会

 一般社団法人の飯田医師会(古田仁志会長)の臨時社員総会が28日夜、飯田市錦町のシルクホテルであり、2017年度の事業計画案と予算案、県医師会代議員・予備代議員の選任案を承認した。会員288人のうち、委任状を含む230人が出席した。

 古田会長は国の地域医療構想を踏まえ「地域住民が安心して医療介護を受けられるよう、関連職種が連携して取り組む必要がある」と強調。開業医の高齢化などの問題も指摘し「国際情勢が不透明で人々の不安が高まる時こそ、社会保障の充実による安心が社会の安定につながる。10年後のリニア開通に向けた工事も動き出してくる中、医師会も変化に対応できる運営を心掛けよう」と呼び掛けた。

 17年度事業計画のうち、「在宅・終末医療・介護保険対策」では、終末期医療への希望を前もって記しておく「事前指示書」について「在宅療養にステージが移る時期の患者向け」に、新たな内容の作成、運用を目指す。

 「学校医活動の推進」では、発達障害について教育関係者や他職種と連携して積極的に取り組むほか、16年度に始まった学校保健の運動器検診もさらなる円滑な実施に向けた調整を図る。

  
標語やポスターなど10,751点 ぬくもりメッセージ2015 津波で被災高校に新たな学びや 宮城県の気仙沼向洋高で入校式 : 京都新聞
同年代で親交深める ガーナ高校生、風越高で交流会
やっぱりプロってすごい! 西大路小全校児童が体感 「伏見工」最後の卒業生が研究発表 京都、思い出の校舎で : 京都新聞
年始のメッセージ 友情年賀はがき
留学生を送っている滋賀学園がニュージーランド地震の募金活動 前川氏、文科省の対応を批判 「不当な支配の可能性が高い」 : 京都新聞
「ファザーリング全国フォーラムinしが」 輝く冬の長谷に感動 大きなXマスツリー登場
停職重すぎ、処分取り消しと高裁 教諭のいじめ隠しで : 京都新聞 下農の古内さんが総文弁論部門で優秀賞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧