制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
飯田りんごんポスター図案審査発表

001ringon

 飯田市は27日、8月5日に開催の夏祭り「第36回飯田りんごん」のポスター図案の審査結果を発表し、表彰式を市役所で開いた。祭りのPRポスターなどに採用される最優秀賞には、浜井場小5年の西澤碧さん(10)の作品が選ばれた。

 市内の浜井場、追手町、松尾の3小学校から計61点が寄せられた。今月7日に高校の美術講師や公民館長の代表ら7人による審査会(窪田正典審査員長)で最優秀賞1点と優秀賞3点、佳作10点を選んだ。

 西澤さんの作品は自身が踊る様子を描いたといい、審査では「表情が生き生きとしており、線や色彩表現も力強く、祭りの躍動感が伝わる」と評価された。西澤さんは「りんごんの踊りが伝わるように描いた。今年もみんなと楽しく踊りたい」と笑顔を見せた。

 事務局の市観光課によると、応募数は学校内の行事事業などで昨年の191点から減ったが、「個性豊かな作品がそろい、表情、動きなど様々な工夫がみられた」という。

 優秀賞は追手町小4年の篠田菜琉さん(9)と中田蓮君(10)、浜井場小5年の杉江華果さん(同)が選ばれた。表彰式で牧野光朗市長は「楽しく踊る様子が伝わる作品ばかり。今年の祭り当日も大いに盛り上げて」と期待していた。

 入賞作品と佳作の計14点は7月14日~8月5日に知久町1丁目商店街に展示する。それ以外の全応募作品は7月20日~8月5日に鼎名古熊のイオンアップルロード店に飾る。

根羽小学校で飯伊で最も早い終業式 豊丘村が文部科学大臣表彰
よこね田んぼで地元小中学生が田植え 不登校、発達障害の高校生がトーク番組 FM放送で発信 : 京都新聞
台風24号で中止、延期のイベント 京都山城 : 京都新聞 伊賀良ボランティアグループが福祉体験
オレク・タバコフ氏死去 旧ソ連の俳優 : 京都新聞 津波被災再建へ、小中一貫で開校 宮城・閖上「地域と歩む」 : 京都新聞
近江路走る電車を飾る ヘッドマーク決定 運動場に屋根付き施設設置へ 米軍ヘリ窓落下の小学校 : 京都新聞
滋賀の高校生、男女とも「長身・やせ形」傾向 文科省調査  : 京都新聞 甲賀市長選出馬の岩永裕貴氏インタビュー
京都府21人けが、562棟被害 大阪北部地震1週間 : 京都新聞 美の造形−描かれた刺繍−愛荘町立歴史文化博物館
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧