制服まとめ
大鹿村の井上欣一さんが能面で大賞 松川町でスペイン語講座始まる
早稲田人形を奉納上演 中学生による三番叟も 阿南町 多彩な神輿と花火に沸く 大宮神社の秋季祭典
小さな教室にぎやかに 根羽小に安城の児童が体験入学 地元農家と自然に触れる 三穂小5、6年生が民泊体験
下農果樹班が全国へ 農業クラブ北信越大会で最優秀 「学びの改革」で意見交換 県教委が実施方針作成へ 飯田
「頭と首を最優先に」 一斉にシェイクアウト訓練 飯田市の児童ら 「煙が上がったぞ」 信玄のろしリレーを再現 10回目
浜井場小2年生が手染め作業体験 下農高の矢澤さんが優秀賞を受賞
大鹿村の井上欣一さんが能面で大賞

001inoue

 人間国宝の能楽師らが審査に当たる「第11回島熊山(しまくまやま)能面祭」(8月20日・大阪府豊中市)で、大鹿村鹿塩に工房「柿其(かきぞれ)」を構える井上欣一さん(69)が大賞「梅若玄祥賞」を初受賞した。優れた古面をつけ慣れている能楽師の厳しい審査を受けた上での評価に、井上さんは「受賞は名の知れた人ばかりなので驚いている」とうれしそうに話した。

 同能面祭では過去3度入賞経験がある。今回は「きりっとした美人顔」をテーマに小面(若い女の面)を製作。昨年末に着手し、今年1月には一度完成したが、6月まで何度も修正を重ねた。

 同能面祭は全国の能面製作者から舞台で使える能面・狂言面を募集し、人間国宝の梅若玄祥さん、大槻文蔵さんら能楽師が審査する。審査員からは「口と彩色が非常によく、少し手直しすればすぐにでも使用できる」と評価された。

 大阪府出身。28年間勤めたデザイン関係の会社を退職後、木曽郡上松町の上松技術専門学校で木工技術を学び、2004年に工房を開設した。

 当初は漆の器などを手掛けていたが、08年に同村に活動拠点を移した以降、会社員時代に興味を持ったという舞楽面や能面などの面創りに専念。13年には瑠璃寺(高森町)の陵王面を奉納した。

 また11年には金沢現代美術展優良賞を受賞するなど、これまでにも様々な賞を受賞している。

 今後について、井上さんは「今も残っている優れた古面に、どれだけ近づけるか挑戦したい」と抱負を語った。

  
成長願う家族、重い負担 医療的ケア必要な3歳女児 : 京都新聞 八ケ岳の新そば堪能 茅野でまつり
阿智中学校で村長さんと語る会開く 八ケ岳中央農業実践大学校 80周年式典
新野小学校でそば打ちと収穫祭開く
情熱胸にマーチング 辰野、春富中の吹奏楽部
熊の目撃情報受け熊よけ鈴配布
治部坂高原に秋の彩り 21、22日に「もみじまつり」 阿智村浪合
2019年01月26日付 冬の公民館で避難所生活 下諏訪町で運営訓練
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧