制服まとめ
県縦断駅伝・飯田下伊那チーム壮行会 高森中の美術部員ら「亀之丞物語」制作
引き抜く喜び肌で 富草小児童が三紀層大根を収穫 収穫の喜び地域と共有 飯田東中がりんご並木で祝う会
A・コープで1日こども店長 阿南二中が授業で勝野議長に質問
稲葉クリーンセンター竣工式 遠山の霜月祭りが開幕
「いいだ いいら♪」がふるさとCM大賞に 市川さんのこま撮りアニメ 小規模校ならではの工夫 上村小で複式授業公開
地区の食文化次世代へ 児童ら柚餅子作りに挑戦 天龍村坂部 昔ながらの遊びを体験 住民講師にたたきごま 清内路小
県縦断駅伝・飯田下伊那チーム壮行会

001kenjudan

 18、19日に開催される「第66回長野県縦断駅伝競走大会」に出場する飯田下伊那チームの壮行会が17日、飯田市役所であった。選手団と関係者、地域住民らが集まり、翌日始まる大会に向けて士気を高めた。

 同大会は郷土の代表15チームが出場。長野市から飯田市までの22区間217・6キロで競う。飯田下伊那チームは昨年、総合4位だった。

 後援会長の牧野光朗市長は「昨年を上回る成績、優勝を目指してもらいたい。皆さんの思いを原動力にして走り抜けて」と呼び掛け。顧問の小島康晴県議や松島貞治下伊那郡町村会長、来賓らも激励の言葉を贈った。

 伊藤洸介主将(29)は「ことしは3位以内、メダル奪還が目標。去年は序盤で出遅れたので、1日目に力のある選手をそろえた。各チーム強力なメンバーがそろい、悪天候が予想されるが、厳しい状況をはねのけるような走りをしたい」と決意を語った。

 初日は長野―岡谷市の12区間119・1キロ、2日目は松本―飯田市の10区間98・5キロで優勝を競う。2日目のゴール地点は飯田市追手町の県飯田合同庁舎で、正午ごろに先頭チームがゴールする予定。

 各区間を走る選手は次の皆さん(カッコ内は年齢と勤務・学校名)。

 ◇1日目▽1区 後沢大成(19・創価大)▽2区 宮内斗輝(17・佐久長聖高)▽3区 熊谷澪(15・竜峡中)▽4区 仁科利弥(32・小澤木材)▽5区 千葉麻里子(14・飯田西中)▽6区 吉川昇吾(22・信州大)▽7区 宮嶋宇明(16・松川高)▽8区 松山克敏(44・多摩川モータートロニック)▽9区 松村健一(35・ケイティケイ)▽10区 早野吉信(29・下伊那南部総合事務組合)▽11区 米山佑貴(25・市役所)▽12区 大峽和(おおばいずみ)(17・飯田高)

 ◇2日目▽13区 佐藤悠花(12・松川中)▽14区 河合蓮(19・山梨学院大)▽15区 平澤宏幸(37・中部電気保安協会)▽16区 代田貴嗣(36・割烹御食事処天月)▽17区 伊藤洸介(29・市立病院)▽18区 小平宗弥(18・松川高)▽19区 松井美蓉(14・阿智中)▽20区 帯川伊吹(14・旭ケ丘中)▽21区 原武司(37・飯田郵便局)▽22区 伊東和也(25・売木村役場)

  
下伊那農高果樹班がナシの燻蒸作業 タンザニアからの研修生が竜丘「大人の学校」と交流
40年受け継ぐ菊作り 川岸小6年生が奉納へ
アサギマダラ室戸岬で確認 新山小児童マーク
3小学校6年生が化石採掘
かみいな地域シゴト・業界研究S 東京で来月
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧