制服まとめ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 70歳のスイマー 世界記録に挑戦
さらなる飛躍で東京五輪へ 八日市と飛行場にスポット 企画展「戦時下の村と陸軍飛行場」
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 いと基地に遊びにおいで!ふしぎな「いと」でつながる場
2019輝け!期待のアスリート 新春インタビュー 西田竜王町長に聞く
第69回人権週間、10日まで みんなで築こう 人権の世紀

=アピアでオープニングセレモニー 小椋市長、一日人権擁護委員に=

一日人権擁護委員として啓発グッズを配る小椋市長(ショッピングプラザアピア)

 【東近江】 第69回人権週間(4日―10日)を前に、オープニングセレモニー(主催・彦根人権擁護委員協議会)が2日、ショッピングプラザアピア(東近江市八日市浜野町)で開催された。
 誰もが自分らしく生きられ、誰もが幸せに生きられる社会をつくるには、一人ひとりが人権について正しく理解し、人権を尊重する意識をもつことが求められる。このため人権週間では、家庭や職場、学校などで人権をあらためて考えようと、各地で啓発活動が実施される。
 今年の啓発目標は、「みんなで築こう 人権の世紀 〜考えよう 相手の気持ち 未来へつなげよう 違いを認め合う心〜」となっている。
 セレモニーは、びわこ学院大学附属こども園あっぷるの5歳園児による合唱とチアリーディングで会場の雰囲気が和んだ後、小椋正清東近江市長への一日人権擁護委員の委嘱式が行われた。
 委嘱状を受け取った小椋市長は、中高生で深刻化する「ネットいじめ」に触れ、「何気ない言葉が相手を傷つけることがある。人権週間を機会に思いやり、助け合いの気持ちを考えてほしい」「大人は家庭で見守る自覚を」と呼びかけるとともに、「高齢者や障害をもった人への思いやりの気持ちを育むことが大切」と語った。


高級“制服”に小池知事が発言 銀座らしいけど…お高い : 京都新聞 近江日野の歴史 来春に第4巻刊行予定
「校舎80周走れ」生徒倒れ救急搬送 滋賀・中学部活顧問が指示 : 京都新聞 両陛下、初めて与那国島に 日本最西端、在来種の馬を見学 : 京都新聞
竜王中学校の灯油 3,500リットル流出 大阪市長のツイートで学校混乱 通常授業、一転休校に : 京都新聞
境内を地域避難所に 京都、学区住民と寺院が協定 : 京都新聞 新日野駅舎にサルビアの花寄贈
ヴォーリズ家での日々綴る 夫妻の暮らしと愛情 那須雪崩遺族、再発防止で講演 「安心し学べる学校を」 : 京都新聞
全市立小中でいじめ防止委開催 京都・舞鶴の調査委が了承 : 京都新聞 同僚にセクハラ、教諭を停職 肩抱かれた女性が体調不良訴え : 京都新聞
【寄稿】滋賀県議会議員 ありむら 国俊 教室生約80人が成果披露 豪快、華麗な技が次々
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧