制服まとめ
「学びの森」に 伊那西小が学校林整備へ やってみる精神大切 上伊那移住×起業シンポ
売木小学校の田んぼスケートリンク 鎌若宮神社で「まじゃらこ」
日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会 奨学金の返還支援 伊那市が4月から新制度
インフル注意報発令 県内全域 新たな決意で3学期 諏訪地方小中学校
昨年末逝去中村恒也さん しのぶ声各方面から 日野ウインドアンサンブル 結成20周年の定期演奏会
70歳のスイマー 世界記録に挑戦 辰野中1年がおしごとチャレンジ 来月28日
ものづくりの成果を競う 阿智一小で伝統のこま回し大会

阿智第一小のこま回し大会

 阿智村駒場の阿智第一小学校(宮下敏英校長、167人)で21日、伝統のこま回し大会が開かれた。保護者が見守る中、1年から6年までの全校児童が自分の作ったこまを回してものづくりの成果を競い合った。

 同校の理工活動として1964(昭和39)年、東京五輪開催など科学技術が進展する時代に、子どもたちに科学に興味を持ってもらおうと始まった。

 1~2年生は紙のこま、3~4年生は木製のたたきごま、5~6年生は鉄を使った本格的なこまを作成。学習発表の場になるこま回し大会は、見学に訪れる保護者も自分の小学校時代を懐かしむ思い入れのある行事になっている。

 大会では各学年ごとに2回ずつこまを回し、回転していた時間を測定。中には3分近く回るこまも。子どもたちは「頑張れー」と声援を受けながら真剣にこまを見つめた。

 3年の井原大道君(8)は「前の紙のこまと違って木のこまは切ったり削ったりと難しいところがある。練習は緊張したけど本番はうまくいってよかった」と話した。

【寄稿】日野町長 藤澤 直広 全国大会の前哨戦!「第14回親善大会」県内外103チームが集結
飯田市で小学生ドッジボール大会 県内24チーム250人が参加 売木小学校でスケート場開き
森友巡る首相夫人発言の記録作成 決算委で財務省認める : 京都新聞
90年前のクラシック消防車、EVに 京都の企業など復元 : 京都新聞 ものづくりの現場小学生が体験 茅野でツアー
天龍小 みどりの少年団が駒打ちや巣箱づくり 龍江小 リンゴの穫通じて地域に触れる
中島さんら2人1団体に近江八幡市子ども文化芸術賞 プロ奏者が授業 本物の音色に感動!
びわこ京阪奈線(仮称)鉄道 小中学校で2学期終業式 1年間を振り返る
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧