制服まとめ
ものづくりの成果を競う 阿智一小で伝統のこま回し大会 新年の目標決めて 上村小、飯伊で最も早く終業式
歌手・小沢あきこさん題材のオペレッタ上演へ JAが市田柿商品を来年発売へ
下農高でパラ五輪代表の壮行会 福を呼ぶ「此田神楽」巡回 小中学生も初参加 飯田市南信濃
再会喜び決意新た 下伊那4町村で「正月成人式」 1年の防災意気高め 根羽、平谷皮切りに出初め式
上郷出身の岡島さん世界へ アルティメットで日本代表 箱根駅伝出場を報告 法政大松沢選手「楽しめた」 喬木中出身
飯田市内16会場で成人式開く 飯田市の消防出初め式開く
ものづくりの成果を競う 阿智一小で伝統のこま回し大会

阿智第一小のこま回し大会

 阿智村駒場の阿智第一小学校(宮下敏英校長、167人)で21日、伝統のこま回し大会が開かれた。保護者が見守る中、1年から6年までの全校児童が自分の作ったこまを回してものづくりの成果を競い合った。

 同校の理工活動として1964(昭和39)年、東京五輪開催など科学技術が進展する時代に、子どもたちに科学に興味を持ってもらおうと始まった。

 1~2年生は紙のこま、3~4年生は木製のたたきごま、5~6年生は鉄を使った本格的なこまを作成。学習発表の場になるこま回し大会は、見学に訪れる保護者も自分の小学校時代を懐かしむ思い入れのある行事になっている。

 大会では各学年ごとに2回ずつこまを回し、回転していた時間を測定。中には3分近く回るこまも。子どもたちは「頑張れー」と声援を受けながら真剣にこまを見つめた。

 3年の井原大道君(8)は「前の紙のこまと違って木のこまは切ったり削ったりと難しいところがある。練習は緊張したけど本番はうまくいってよかった」と話した。

  
総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現
磐田市の特産物で給食 駒ケ根の小中学校 天龍中 初夏告げるプール開き
森友改ざん、各地で抗議集会 「政治やる資格なし」 : 京都新聞
飯島中生と信大減災C 臨時FMの電波調査
第3日曜は「本を読む日」 諏訪市教委 借金で「食事すらままならない」 ブータン留学生家族ら窮状訴え : 京都新聞
適切な応急手当競う 茅野市消防団が救護大会 「恥かいた」間違い指摘の女子生徒暴行 中学教諭、激高し : 京都新聞
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧